バイアグラやシアリスとレビトラを使い分ける

ED改善薬とジェネリック医薬品が変えた事

若い人と中高年の勃起不全理由

最近、30代くらいの若い男性も勃起不全に悩まされる人が多くなりました。
会社が能力主義を採用し、成績を残さなければ給料や待遇にダイレクトに反映されるようになったために、心身ともに強いストレスを日常的に感じることが若い世代の勃起不全の、もっとも大きな要因とされています。
また、中高年の場合は加齢による精力減退が主たる原因と考えられ、一口に勃起不全と言ってもその理由や原因はさまざまです。

改善薬の登場

こうした勃起不全の救世主として世界中から注目を浴びて登場したのが、ED改善薬です。
代表選手はED改善薬を総称することとなったバイアグラですが、その他にもたくさんの種類の薬が登場しています。
それぞれに効き方や特徴、人によって合う、合わないがあるため、誰もがバイアグラで悩みを解決できるわけではないことが、さまざまな薬の開発と発売につながっていったのでしょう。

高い薬の難点

そんなED改善薬は、特殊な薬であることから、1錠あたりの単価が非常に高いという難点がありました。
これが大きな難題として立ちはだかっていたため、医療機関での処方がなかなか普及せず、個人代行の並行輸入などで手に入れ、よくわからないままに飲んでしまう人も多く、体調を崩す人が出たのも話題になりました。
その後、10年の時を経て、また新たなステージに入ったと言えます。

待ちに待った状況

それが、安価なジェネリック医薬品の登場です。
ED改善薬においても10年間の新薬の特許が切れたことにより、さまざまなジェネリック医薬品が出てきています。
それぞれの新薬と同じ成分を使っているにも関わらず、費用は半分以下から1/3以下など、まさに激安価格と言っていいほどに抑えることができるのです。
この薬価代の激減により、専門クリニックを訪れて処方してもらう人も多くなりジェネリックのED改善薬が果たす役割には、医師による処方という安全が加わりました。
これで多くの勃起不全に悩む男性諸君が、安心して薬を飲むことができ、確実に救われることでしょう。