バイアグラやシアリスとレビトラを使い分ける

ED治療薬のジェネリック製品に注目

割高感のありED治療薬

日本国内でED治療薬を入手する為には、専門の医師に診察をして貰い、症状や他に持っている持病等の問題をクリアーすれば、薬を入手出来るでしょう。
しかし日本で初めて承認されたED治療薬は効果は十分にありますが、保険が適用されない上に、一錠分の価格が高めですからコスト面では悩みどころでした。
ラブタイムを減らすという方法も考えられますが、夫婦関係が現状より良い方向に向かうのであればという思いから、何とかやり繰りをしてED治療薬を購入し活用している人もいるかも知れません。

個人輸入でED治療薬を使用するメリットとデメリット

また人によっては海外で作られたED治療薬を、個人輸入代行業者を通じて入手している人もいるでしょう。
海外製の商品を使用するメリットは価格面では、比較にならないほど安価である事です。
しかし安全面を考慮すると、正規品で無い場合や身体に良くない影響を与えるケースもありますから、価格が高めでもやはり国内で作られた物を選びたいと考える人は、多いのかも知れません。

日本国内でED治療薬のジェネリックを作れるようになった

しかし、ここで朗報が飛び込んできました。
それは冒頭で触れたED治療薬の有効成分であるシルデナフィルという物質特許及び、用途特許が切れたというニュースです。
正確に言うと2013年5月17日に物質特許が満了し、更に2014年5月13日に用途特許が満了しました。
これが意味するところは、日本の医薬品の管轄を行っている厚生労働省お墨付きで、当該のED治療薬のジェネリック医薬品を製造し販売出来る様になったという事です。

ユニークなED治療薬のジェネリック

現在では国内大手の製薬会社からジェネリック版のED改善薬が発売され、ED治療の専門クリニックで処方して貰う事が可能となりました。
このED改善薬は単なる開発・研究費を削って作られた、ジェネリック版のED治療薬という訳ではありません。
従来のED治療薬は水で飲むように説明書に書かれていましたが、当該のED治療薬は水を必要とせずに、唾液の力だけで溶かす事が出来る様に工夫されています。
更にはレモン風味とコーヒー風味を付けるという、大変ユニークな改良が施されているのです。
また価格は若干安くなりましたが、まだまだ高めという点は否めません。
しかし、今後も国内の製薬会社から続々と登場すれば、価格面でも安価な製品が出て来る可能性は十分にありますし、安全に使用する事が出来る日はそう遠く無いでしょう。