バイアグラやシアリスとレビトラを使い分ける

待ち望まれていたバイアグラのジェネリック

彗星の如く現れたバイアグラ

夜の生活を十分に満足の行く時間にする為には、栄養バランスの摂れた食生活・ウォーキングやジョギング等有酸素運動、あるいはストレスを解消する趣味を持つ等を継続・維持する必要があるでしょう。
しかし実際には様々な理由により、前述した様な事を行う事が困難である場合には、現実的な対処方法が分からず悩んでいる人達は、多いはずです。
そこで開発されたのがバイアグラという勃起不全治療薬で、一般的にはED治療薬と省略して示す事もあります。
この医薬品が日本国内で厚生労働省から認可が下り、発売された時には一大ムーブメントが起こり、特に関心の無い人にまで知られる様になり今や、絶対的な存在になりました。

バイアグラの特許期限の満了

しかし、バイアグラは薬価が非常に高いという問題がありました。
何しろ、ED治療を専門とするクリニックでは、1錠が税込みで50mg錠1錠が1500円程度で販売されていたからです。
しかし、転機が訪れました。
それはバイアグラの有効成分の期限の特許が、2014年5月13日に満了となった事です。
つまり日本国内で、バイアグラのジェネリック医薬品を開発出来る事を意味します。

ジェネリック医薬品とは

通常は新薬の開発には基礎研究やマウスを使った臨床実験、あるいは問題を抱えている人間に対して行われる治験等を行いますので、一つの医薬品を開発する為にはおよそ400億円の費用が掛かると言われています。
ジェネリック医薬品というのは後発医薬品とも言われ、研究開発に費やされた費用を掛ける事なく、医薬品を開発されるので、有効成分・効果・効能がほぼ同じ物が、オリジナルの医薬品よりも安価に製造及び販売が出来る事を意味しているのです。

日本にも現れたバイアグラのジェネリック医薬品

現在日本国内で発売されているバイアグラのジェネリック医薬品の一つは、既に2014年5月26日に発売され、その医薬品は水無しで飲める錠剤である事に加えて、レモン味と珈琲味が付けられるという工夫が凝らされています。
気になる価格ですが、現在ではED治療専門クリニックでは1錠1200円程度で購入出来る様です。
しかし、様々なメーカーから続々とジェネリック医薬品が発売されれば、良い意味での自由競争が起こり、更に安価に入手する事は期待出来るでしょう。