バイアグラとシアリスを使い分ける

安心できるジェネリック

根強いバイアグラ人気

男性のED治療薬として華々しく登場したバイアグラですが、その期待できる効果の高さから瞬く間に広まって、様々な社会現象を引き起こしました。
現在でも勃起不全などに悩む男性から高い支持を獲得し続けていて、もはやED治療薬の代名詞として一般にもその名前が知れ渡っています。

費用がかかるバイアグラ

高い効果が期待できる反面、日本ではバイアグラは医師の処方箋が必要な薬となっています。
更に保険外診療であるため健康保険の適用を受けることが出来ず、日本で使用するには非常に高価な薬となってしまいました。
特に勃起不全治に関する問題は、一回治療すれば完治するというたぐいのものではありませんので、継続した服用を考えると費用が高額になってしまう傾向があります。

信頼のおけるジェネリック医薬品

そこで海外からバイアグラを個人輸入するというケースが増加したのですが、医師の指導が無く適切な処方がされないという問題点ばかりか、海外では怪しげな業者が粗悪なニセ薬を安価で流通させており、それらを服用してしまう危険性もありました。
そんな中、注目されているのがジェネリックです。
2014年にバイアグラの勃起不全治療薬としての特許が切れたことから、他のメーカーでも実績を積んできている同様の成分を利用したジェネリックの販売が開始されました。

ジェネリックの魅力

ジェネリック医薬品は、これまでに実績を積んできた医薬品の有効成分を引き継ぐ形ですから、その効果に信頼がおけるものになります。
さらに医薬品のコストの大きな部分を占める研究開発費が抑えられるので、消費者の立場からすると、薬を安価に手に入れることが出来るというメリットがあります。
高い効果が期待できる反面、価格が高くなってしまっていたバイアグラですが、消費者にとって、そのジェネリックが登場したということは非常に好ましいことだといえるでしょう。
また正規の薬自体が安価になったということは、安全性に疑問が残るようなニセ薬の流通で暴利を稼ぐというケースも、今後は減少していくことが期待できますので、その面でも消費者にとっては好ましいと言えるでしょう。