バイアグラとシアリスを使い分ける

タダラフィルと他の治療薬との違い

勃起障害や勃起不全を改善するために、ED治療薬を利用している人も多いと思います。
しかしED治療薬の種類も多いので、その選択に迷う方も少なくありません。
服用する時は、それぞれの違いを良く理解することが大切です。

・目的は同じです
ED治療薬として知られている薬の中にシアリスがあります。
シアリスは、バイアグラ、レビトラなどと同じ効果があるのです。
そして、このレビトラに含まれている成分がタダラフィルです。
シアリスには他の治療薬と違い、このタダラフィルを含んでいるのが大きな特徴といえます。
シアリスに含まれているこの成分の量によって、5mg、10mg、20mgの3種類に分類できます。
この中のどの薬を飲むのかは、専門医の判断によって決まります。
このようにシアリスには、他のED治療薬とは異なる成分が使用されています。
またその目的は同じであっても、効果の内容が少し異なります。
その点を、良く理解しておく必要があるのです。

・効果の持続時間
シアリスの有効成分であるタダラフィルには、勃起障害などのED改善に大きな効果を期待できます。
ED治療薬としては他にもバイアグラやレビトラなどがあり、バイアグラの有効成分はシナデルフィル、またレビトラの有効成分はバルデナフィルです。
それぞれの薬で実際に使用されている成分は違いますが、どれもが「PDE-5」と呼ばれる酵素に作用し、正常な勃起を促します。
しかし、それぞれ成分の構造が異なりますので、同じ効果があるといってもその過程に差異が出てきます。
これら成分の大きな違いとして、その効果時間を挙げることができます。
シアリスの有効成分であるタダラフィルは、体内への吸収時間がかかりますが、その分効果の持続時間が他の成分と比べて長いのです。
この点が大きな差異といえるでしょう。

タダラフィルはシアリスの有効成分として知られていますが、バイアグラ、レビトラの成分と比べて効果の過程が異なります。
バイアグラの有効成分シナデルフィル、レビトラの有効成分バルデナフィルよりも、効果の持続時間が長いのが特徴です。

最新情報を得たい方は、シアリスのジェネリックについてのサイトをご覧ください。

タダラフィルが含まれている治療薬には何がある?

タダラフィルはED治療薬として有名ですが、この成分を含んだ薬があります。
その中でも人気のあるのがシアリスですが、現在多くの方がEDを改善するために利用しています。
その他にも、アドシルカやメガリスなどの治療薬があります。

・シアリスの有効成分について
ED治療薬として人気のあるシアリスですが、その有効成分は「タダラフィル」です。
この成分がどの程度含まれているのかにより、その名称が変わります。
シアリスには「5mg」、「10mg」、「20mg」の錠剤があり、利用用途に応じて服用します。
このシアリスの主成分となっているタダラフィルは、見ためは白色の粉末です。
また水に溶けないのが特徴です。
シアリスを服用した後、血中濃度が最高度に到達する時間はだいたい30分~4時間程度であり、人によって違いがあります。
ED治療薬として有名なバイアグラの時間は30分~1時間半程度、またレビトラでは40~60分程度で濃度が最高度に達します。
このようにシアリスは30分~4時間と到達時間が長いので、服用のタイミングを心配する人も少なくありません。
シアリスは到達時間が長い分、持続力も長いので、通常は性行為のおよそ3時間前の服用が無難です。

・アドシルカ、メガリスについて
タダラフィルが主成分となった薬として他にアドシルカ、メガリスがあります。
アドシルカは厚生労働省で認可され、2009年12月より販売が開始されました。
アドシルカの場合は、成人であれば1日1回40mgを服用するのが一般的です。
そしてメガリスですが、メガリスの外箱には「20mg」という表記があります。
これは、主成分が20mg含まれていることを示します。
このようなEDの治療薬を使用することで勃起不全、勃起障害の改善効果を期待できます。

タダラフィルが含まれている薬には様々なものがありますが「勃起不全」を始め、「肺動脈性肺高血圧症」や「前立腺肥大症」などに効果があります。
現在勃起不全、勃起障害などの悩みがある方は、一度試してみるのも良いかもしれません。

タダラフィルには副作用がある?

シアリスの成分として知られているタダラフィルは、ED治療薬として利用している方も少なくありません。
このようなED治療薬は人によって効果は異なりますが、その反動はないのでしょうか?
副作用については、良く知っておく必要があります。

・反動に注意してください
ED治療薬は薬ですので効果がありますが、その分反動もあります。
タダラフィルの場合はどうなのでしょうか?
ある調査機関がリサーチした結果によると、服用者の約30%の方に何かしらの反動の兆候が報告されています。
その主な症状としては、多い順に頭痛、ほてり、顔の赤み、消化不良、吐き気などです。
実際の反動としては、ED薬として有名なバイアグラやレビトラと同じような副作用が現れているようです。
しかしタダラフィルについては、多くの人たちが感じるような反動ではありません。
その中のおよそ3割の方が実感するという程度ですので、特に心配する必要はないといえるでしょう。
実際の発症率を他のED薬と比較すると、バイアグラやレビトラよりも低いといえます。
この差は、ED薬の効果持続時間にあります。
この薬は効果持続時間が長い分、それだけ作用が穏やかであり、反動も低いのです。
しかし実際に薬の反動はありますので、服用の際は十分注意する必要があるでしょう

・服用を避けた方が良い方
タダラフィルの副作用の発症率は低いのですが、反動を回避するためにも次の方は服用を避けた方が無難です。
ED薬に対して何かしらアレルギー反応を起こした経験がある方、心臓や心血管などに支障がある方、性交渉中に狭心症発作を起こした経験のある方、3ヶ月以内に心筋梗塞を起こした経験のある方、不整脈の方、低血圧、高血圧症の方などです。
以上の症状がある方は注意してください。

ED薬を服用することで、勃起不全、勃起障害の改善効果を期待できます。
しかしこれらED薬は、効果がある分副作用が出ることもあります。
タダラフィルも副作用が出る可能性がありますので、服用の際は十分注意してください。

タダラフィルの飲み方は?

ED薬の効果を期待するのであれば、その飲み方に注意する必要があります。
それぞれのED薬には正しい飲み方がありますので、それに従う必要があるでしょう。
ED治療薬として知られているタダラフィルは、どのように飲めば良いのでしょうか。

・過剰摂取に注意してください
承知のとおり、タダラフィルはED治療薬の中でも、最も持続力のある医薬品として知られています。
この薬の効果を最大限出すためにも、正しい飲み方を把握しておくことがとても大切です。
当然薬の効用は人によって変わりますが、正しい用法を守れば最大限の効果を期待できます。
しかし薬の効果を期待するあまり、つい過剰摂取をしてしまうと逆効果になることもあります。
また効果が出ないばかりか、副作用が出ることもありますので注意してください。
タダラフィルの効果を出すためにも、正しい飲み方を理解しておきましょう。

・基本的な服用方法について
基本点な服用方法ですが、1日に1回、1錠だけを飲みます。
そして飲み方は、他の薬と同じで構いません。
販売されている薬は20mg錠剤が一般的ですが、その中には10mg程度でも効果が出る人はいます。
上記のように1日1回、1錠で十分効果を期待できますので、過剰摂取に注意してください。
例えば20mgを最初に飲み、次回からは20㎎の薬を半分に切って飲む方法もあります。
効果には個人差がありますので、まずは自分でいろいろと試してみると良いでしょう。
その中でも、自分に合った方法を選択してください。

・アルコールについて
ED薬の効果を最大限出すには服用方法が大切ですが、アルコールは摂取しても大丈夫なのでしょうか?
アルコールについて心配する人も多いのですが、アルコールは特に問題はありません。
アルコールの摂取により緊張がほぐれ、さらなる効果を期待できるかもしれません。
その場の雰囲気に応じて摂取すると良いでしょう。

タダラフィルの効用を期待するのであれば、その服用方法に注意する必要があります。
基本は1日に1回、1錠ですが、個人差がありますので自分に合った方法を試してください。
ただ、過剰な摂取だけは避けるようにしましょう。

本番中に萎える、そのような時にはED治療薬

男のプライドが傷つく時、それは性行為での「中折れ」です。いざ本番、これから挿入と言う時、目的が達成出来ないなんて死ぬほど嫌です。それから最初は元気よく勃起していても、挿入して暫くすると萎えてくる、最後まで性行為を継続できない。これは男として最もプライドが傷つく瞬間であり、パートナーに対しても「申し訳ない!ゴメンなさい」というしかありません

◆萎える(中折れ)の原因はどこにあるの?
勃起のメカニズム、それは性的な刺激で脳が興奮します。そうしますと神経伝達物質が陰径に興奮を伝達し、動脈から大量の血液が陰茎の海綿体に送り込まれます。海綿体が膨張し、その圧力が静脈を圧迫して流れ込んだ大量の血液をせき止めます。これが「勃起」なのです。萎える原因はいろいろあり、例えば性的刺激が弱い、神経伝達物質が分泌されない、血流が悪いため流れ込み量が少ない、せき止め力が弱くなり折角流れ込んだ血液が陰茎に留まらないなどです。

この一連のプロセスを元気にしてくれるのは「食事と運動」です。最初は習慣を変える事から始めたい。栄養バランスの良い食事、適度な運動が基本です。いまは炭水化物と脂質は充分過ぎるほど摂取していますが、大切な栄養素であるタンパク質、ビタミン、ミネラルは不足しています。

◆効果的なED治療薬、「いざ」と言う時にそなえましょう!
バイアグラのようなED治療薬は、飲むタイミングや持続時間に制限があり、副作用もありますが正しく使うと非常に効果的です。中折れがなく、最後まで性行為ができれば、パートナーを喜ばすことができます。女性は優しいので、何も言いませんが「満足できない」性行為は、積み重なると愛情や信頼関係を壊す原因になります。

男は自分の快楽も大事なのですが、それよりも女性を喜ばすことを優先に考えたいものです。ED治療薬があれば「いざ」と言うときに自信を持って性行為に及ぶことができます。男のプライドを保ちながら女性を喜ばす事、これは男にとって最高の喜びではないでしょうか。

勃起しても持続しない、その時はED治療薬です

勃起は性的な刺激により脳が作用し、神経伝達物質を陰茎におくります。次に血流が増えて動脈から血液が陰茎に送り込まれます。最後に陰茎の静脈が圧迫され、血液の流れをせき止めます。簡単に言うと陰茎の入口を開けて血液を流し込み、陰茎の出口を閉じて血液を溜める。これが「勃起」であり、陰茎は普段の長さや太さが数倍になり、信じられないほど大きくなります。

そうなると当然、陰茎の硬さは凄く硬くなり、女性器に挿入することが可能になります。このような絵に描いた勃起は若い頃にはごく自然に起こりますが、残念ながら加齢とともに勃起力も、勃起時間共に低下してきます。これはある程度は受け入れするほかないですが、願わくばいつまでも若い時のように勃起して女性を喜ばせたいと思うのは男の願いであり、またロマンなのです。ED治療薬は貴方のロマンを演出してくれます。

◆勃起力、持続時間は年齢とともに衰えるのか?
勃起力、勃起時間は加齢とともに衰えますが、衰え方には個人差があります。40歳でダメな人もいますが、60歳になっても週に2回程度セックスを楽しんでいる人もいます。皆様の周辺でも同じ事があるでしょう。セックスに強い人は、見た目が若いです。またタンパク質やビタミン、ミネラル豊富な質のいい食事をしています。そのように見える人も、密かにED治療薬のお世話になっている可能性は大きいです。

◆女性に悟られず、ED治療薬で勃起力と持続時間をアップ!
ED治療薬を飲んでセックスしていると女性には気付かれないことも大事です。男性の若さのバロメーターは「性的能力」だとは思いませんか?薬(ED治療薬)の助けを借りていると悟られると、なんだか男の値打ちが下がったような気分です。セックスパートナーが妻ならまだしも、恋人や友人なら、なおさら知られたくない秘密にしたいです。ED治療薬はそれが可能です。セックスパートナーに秘密にしておけますよ。