バイアグラやシアリスとレビトラを使い分ける

ED改善薬はジェネリックで

ED改善薬はジェネリックを活用しよう

ED改善薬の高いニーズ

世界初のED改善薬として1998年にアメリカでバイアグラが発売され、マスコミ等で話題を引き起こしました。
日本でも医薬品としての承認作業が急速に進み、1999年1月に製造が承認され、ED治療薬は日本でも社会現象を引き起こす結果となりました。
このED治療薬の高いニーズに応えるべく、その後多くの製薬会社が様々な種類のED治療薬を開発販売する結果となっています。

高価なED改善薬

新しいED治療薬の開発は、研究によって新しい薬理作用を発見するために莫大な投資が必要となってきます。
さらに他の医薬品と同様に様々な臨床試験なども必要になって来ますので、どうしても新薬の研究開発費が大きくなってしまいます。
その費用は薬価に反映されることになりますので、どうしても価格を高価にしなければならないという事情があります。
特に日本ではED改善薬の購入には健康保険が適用されませんので、新薬を正規のルートで購入しようとすると、高い費用を払わなくてはならない結果となっています。

安価なジェネリックを活用

そこで活用したいのがジェネリックです。
製薬会社は先行して販売されているED治療薬の特許を活用することで、研究開発費を抑えながら効果が期待できるED改善薬を開発できるという利点があります。
研究開発費を抑えることことによって販売価格を安価にすることができるので、消費者にとってジェネリックは大変ありがたい存在だと言えます。

ジェネリックの選び方

医薬品を取り扱っているインターネットの通販サイトなどを調べてみると、ED改善薬として様々な製薬会社からジェネリックが出ているのがわかると思います。
基本的な選び方は、元となっているED治療薬の効果や服用に関する注意点を把握して行くことがポイントとなってきます。
元の新薬が自分にあっているものなのかを調べてから、その効能を安価に実現するためにジェネリックを探すという方法が一般的です。
そのためには一度専門医に見てもらい処方箋を書いてもらうというのも有効な手段です。
購入したいものが決まったら、信頼できるサイトで安価で購入する事がお薦めです。

ED改善薬とジェネリック医薬品が変えた事

若い人と中高年の勃起不全理由

最近、30代くらいの若い男性も勃起不全に悩まされる人が多くなりました。
会社が能力主義を採用し、成績を残さなければ給料や待遇にダイレクトに反映されるようになったために、心身ともに強いストレスを日常的に感じることが若い世代の勃起不全の、もっとも大きな要因とされています。
また、中高年の場合は加齢による精力減退が主たる原因と考えられ、一口に勃起不全と言ってもその理由や原因はさまざまです。

改善薬の登場

こうした勃起不全の救世主として世界中から注目を浴びて登場したのが、ED改善薬です。
代表選手はED改善薬を総称することとなったバイアグラですが、その他にもたくさんの種類の薬が登場しています。
それぞれに効き方や特徴、人によって合う、合わないがあるため、誰もがバイアグラで悩みを解決できるわけではないことが、さまざまな薬の開発と発売につながっていったのでしょう。

高い薬の難点

そんなED改善薬は、特殊な薬であることから、1錠あたりの単価が非常に高いという難点がありました。
これが大きな難題として立ちはだかっていたため、医療機関での処方がなかなか普及せず、個人代行の並行輸入などで手に入れ、よくわからないままに飲んでしまう人も多く、体調を崩す人が出たのも話題になりました。
その後、10年の時を経て、また新たなステージに入ったと言えます。

待ちに待った状況

それが、安価なジェネリック医薬品の登場です。
ED改善薬においても10年間の新薬の特許が切れたことにより、さまざまなジェネリック医薬品が出てきています。
それぞれの新薬と同じ成分を使っているにも関わらず、費用は半分以下から1/3以下など、まさに激安価格と言っていいほどに抑えることができるのです。
この薬価代の激減により、専門クリニックを訪れて処方してもらう人も多くなりジェネリックのED改善薬が果たす役割には、医師による処方という安全が加わりました。
これで多くの勃起不全に悩む男性諸君が、安心して薬を飲むことができ、確実に救われることでしょう。

ED改善薬はジェネリックが安くて便利

EDは年齢に関わらず起こる問題

EDに悩む人は老化や身体能力の低下を原因にする高齢者や中高年にとどまらず、最近では若い人にも増えてきました。
仕事に忙しい日々を送り、不規則な生活や偏った食生活、ストレスなどが原因で勃起しなくなる人や、セックスに十分な硬さを保てない人が増えているのです。
生活の見直しなど自分の力だけでは改善できない場合、即効性が高い改善法はED改善薬の利用です。

ED改善薬の処方を受けられますか?

日本ではED改善薬を手に入れるには、原則として医師の診察を受け、医師から対面にて処方を受けることとなっています。
もっとも、これがネックになって改善したいのにできずにいるという方は多いのではないでしょうか。
男性としては大きなコンプレックスになり、他人に知られるというのに抵抗があります。
それがたとえ医師であっても、男としてのプライドが許さないという方もいることでしょう。

インターネットでも買える

ですが、インターネットを使えば、処方箋なし自宅にいながら誰にも知られずに、ED改善薬を手に入れることが可能です。
主なルートは海外からの個人輸入代行サイトであり、ここでは海外から直接買うということで、国内では処方箋が必要なED改善薬をはじめ、様々な種類があるジェネリック医薬品tも買い求めることができるのです。
ジェネリック医薬品というのは、先発薬と成分や効果は同じながら、特許が切れた後に製造するため、極めて安いお値段で買える医薬品です。
先発薬に比べると4分の1程度など、お試しに買うにも買いやすい値段といえるでしょう。

飲みやすさや使いやすさへの工夫

ジェネリック医薬品は成分などは同等ですが、必ずしも見た目から全て同じというわけではありません。
むしろ、先発薬より飲みやすさや使いやすさに改善を加えたものもあります。
たとえば、錠剤を水に溶かす発泡剤タイプのものはオレンジ味で飲みやすいです。
また、ゼリー状でキャラメルやフルーツフレーバーのものがあったり、水なしでも飲めてイチゴなどの味が付いているチュアブルタイプなどもあります。

同じ効果効能が期待できるジェネリック

薬を安く購入する方法

治療で医薬品を利用することが多いですが、医薬品によってはかなり高額なものがあります。
特に保険適用されない治療の場合は1錠でもかなり高価なものがありますので治療費が負担となってしまうことも少なくありません。
薬を安く購入する方法ではジェネリック医薬品を購入することがあげられます。
こちらは新薬と同じ有効成分ですが、すでに作り方や有効成分がわかっていますので研究費や研究にかかる長い年月が必要ないこともあり、より低価格で販売されています。

ジェネリックがない薬もある

薬を安く購入するのなら、ジェネリックを選べば良いのかということとなりますが、必ずしもそうではありません。
新薬の特許がまだ切れていない場合はジェネリックを作ることはできませんので、まだそうした薬が販売されていない薬もあります。
ED治療薬なども比較的新しい薬ということもあり、まだ安く購入できる薬は処方されていないものもあります。
国内では販売されていなくても海外ではすでに同じ有効成分でより低価格の薬も販売されており個人輸入なら入手可能です。

個人輸入を行なうなら

個人輸入の場合は知識がないと難しいイメージもありますが、海外医薬品の個人輸入を代行している業者もありますので、そうした業者から注文すれば特に難しい知識は必要ありませんし、サイトは日本語表記ですので安心して購入することができます。
注文はインターネットが便利です。
インターネットでは偽薬が出回っていることもありますので、業者の信頼性の高さはよく確認しておきましょう。

様々なタイプの薬があります

海外医薬品の個人輸入のサイトではバイアグラ、レビトラ、シアリスなどのED改善薬の正規品はもちろん、それぞれのジェネリックも販売されており、こうした薬を選べばかなり治療費が抑えられます。
薬も様々なタイプがあり、通常の薬と同じように水で飲むタイプもあれば、水無しで飲めるもの、ゼリータイプのもの、溶かしてから飲むものなどユニークなタイプの薬もあり好みに合わせて選ぶことができます。

ED治療薬のジェネリック製品に注目

割高感のありED治療薬

日本国内でED治療薬を入手する為には、専門の医師に診察をして貰い、症状や他に持っている持病等の問題をクリアーすれば、薬を入手出来るでしょう。
しかし日本で初めて承認されたED治療薬は効果は十分にありますが、保険が適用されない上に、一錠分の価格が高めですからコスト面では悩みどころでした。
ラブタイムを減らすという方法も考えられますが、夫婦関係が現状より良い方向に向かうのであればという思いから、何とかやり繰りをしてED治療薬を購入し活用している人もいるかも知れません。

個人輸入でED治療薬を使用するメリットとデメリット

また人によっては海外で作られたED治療薬を、個人輸入代行業者を通じて入手している人もいるでしょう。
海外製の商品を使用するメリットは価格面では、比較にならないほど安価である事です。
しかし安全面を考慮すると、正規品で無い場合や身体に良くない影響を与えるケースもありますから、価格が高めでもやはり国内で作られた物を選びたいと考える人は、多いのかも知れません。

日本国内でED治療薬のジェネリックを作れるようになった

しかし、ここで朗報が飛び込んできました。
それは冒頭で触れたED治療薬の有効成分であるシルデナフィルという物質特許及び、用途特許が切れたというニュースです。
正確に言うと2013年5月17日に物質特許が満了し、更に2014年5月13日に用途特許が満了しました。
これが意味するところは、日本の医薬品の管轄を行っている厚生労働省お墨付きで、当該のED治療薬のジェネリック医薬品を製造し販売出来る様になったという事です。

ユニークなED治療薬のジェネリック

現在では国内大手の製薬会社からジェネリック版のED改善薬が発売され、ED治療の専門クリニックで処方して貰う事が可能となりました。
このED改善薬は単なる開発・研究費を削って作られた、ジェネリック版のED治療薬という訳ではありません。
従来のED治療薬は水で飲むように説明書に書かれていましたが、当該のED治療薬は水を必要とせずに、唾液の力だけで溶かす事が出来る様に工夫されています。
更にはレモン風味とコーヒー風味を付けるという、大変ユニークな改良が施されているのです。
また価格は若干安くなりましたが、まだまだ高めという点は否めません。
しかし、今後も国内の製薬会社から続々と登場すれば、価格面でも安価な製品が出て来る可能性は十分にありますし、安全に使用する事が出来る日はそう遠く無いでしょう。