バイアグラやシアリスとレビトラを使い分ける

ED改善薬はジェネリックで

ジェネリックED改善薬の選び方

数多くあるED改善薬のジェネリック

すでにバイアグラの特許期間は過ぎていますが、シアリスはレビトラなどそのほかのED改善薬の特許が切れるのはまだまだ先です。
それなのに、すでに多くのジェネリックがあるのはどうしてなのでしょうか。
それは、インドが先進国とは違った特許の考え方を持っていたからです。
貧しい国民が医薬品を使いやすいように、成分特許を求めていなかったため、製造方法さえ違えば同じ成分の医薬品を作ることができました。
そのため、数多くのジェネリックが誕生したのです。

個人輸入を利用するなら

インドの医薬品を手に入れるのは、かなり難しいのではないかと思われるかもしれません。
ところが、インターネット上を探せば、いくつもの個人輸入代行サービスを見つけることができます。
この個人輸入代行サービスを利用することで、日本にいながらにして海外の医薬品を手に入れることができます。
ただ、日本の法律などで守られているものではないため、購入する場合はまったくの自己責任になるため注意が必要です。
個人輸入代行サービスを利用するのなら、できるだけ運営経験が長く実績があるところを選びましょう。
口コミなどもチェックすることをおすすめします。

ジェネリックED改善薬の効果の違い

同じ成分であったとしても、製造方法が違ったり、他の配合成分が違うと、服用をした時先発薬とは違った効果があらわれることがあります。
医薬品の場合、少しの成分の違いで効果が違ってくることがあるため、服用したことのないED改善薬を服用する時は、情報をよくリサーチしてから購入するようにしましょう。
人気のあるジェネリックであれば、きっと他の方もすでに使用しているはずですから、口コミなどをチェックすることはそれほど難しいことではないはずです。

まず少量から

それでも、初めてのED改善薬を服用するのは不安なものです。
いきなり1錠服用するのではなく、ピルカッターなどを用いて4分の1程度から服用を始めることをおすすめします。
自分に最適な量を探りながら服用することで、危険を冒すことなく効能を確かめることができるでしょう。

バイアグラの長期使用で持続勃起症になってしまいました

個人輸入でバイアグラを使用しました

僕がバイアグラを利用するようになったのは1年前です。その頃は仕事が忙しくて、精も根も尽きてしまう様な生活状態でした。付き合っていた女性に対しても性欲が湧かなくなり、このままではセックスレスになってしまうと心配していたほどです。ちょうどその時、友人がバイアグラのタブレットを2錠くれたので、彼女とのデートの時にこっそりと飲んでホテルに行きました。するといつもと全く違う感じで、自分でもびっくりするほど力強い勃起状態になったのです。これはすごいと感動して、すぐにその友人に購入方法を聞いたら、なんでもネット通販で売っていると言うではありませんか。しかも25mgのタブレットが1500円ぐらいで購入できるのです。ただし僕が購入したのはジェネリック薬品で、オリジナルではありません。でも効果が同じという事で格安のバイアグラを購入する事にしました。ちなみに、この購入方法は個人輸入という事で、なんでも自己責任になるそうです。

ある日突然、持続勃起症になってしまいました

一つ困った事もありました。それはバイアグラを飲んだ時は、決まって気分が悪くなるのです。具体的には頭痛と胃のムカムカです。我慢できない程度ではないですが、たちの悪い二日酔いみたいな気分になって、性行為中は我慢大会のような気分です。でも、カチカチの勃起状態になりますし、彼女と一緒に快感が分かち合えるメリットがあります。そんな状態が半年程経過して、それまでも頻繁にバイアグラのお世話になっていたのですが、ある日勃起がおさまらなくなってしまったのです。射精後もずっと勃起したままで、これは薬の効き過ぎでは?と怖くなりました。そこでネットで調べると、持続勃起症という名前が出てきました。これはまずい!とすぐにEDクリニックへ駆け込みました。結果は、一時バイアグラ使用中止で解決しました。幸いバイアグラ抜きでもちゃんと性行為ができましたから、念のために精力サプリを飲む様にしています。こちらは副作用がなく、ED予防にも優れていると、安心して毎日服用できます。

ED改善薬はジェネリックもあります

ED改善薬でEDの悩みから脱出しよう

EDと言えばいざ性行為をするとなる時になかなか勃起しなかったりして、本人の気持ちだけでなく時にはパートナーとの関係までもが変わってしまう事も有ります。
放置しておいても健康被害を起こしてしまうと言う心配はありませんが、できれば早期改善を心掛けましょう。
その方がEDの悩みからも早く解放されるので、気分的にも楽になります。
改善方法の中でも効果的で今注目を集めているのがED改善薬です。
性行為の前に服用する事によって勃起を促す薬ですが性的な興奮を覚えなければ勃起することはありません。
悩んでいる人は一度利用を検討してみる事をお勧めします。

ED改善は保険適用外

EDを何とかしたいと思って病院に行くと、簡単な問診などの後薬を処方してもらう事ができます。
しかし保険適用外となっているので、全額自費となります。
薬によっても違いますが、1錠あたり2000円程度必要となる事も有るので注意が必要です。
また数回飲めば症状が改善すると言う物ではなく、性行為の度に飲む必要があります。
医療費の事を気にせずに服用する為には、ジェネリックの利用も検討してみると良いでしょう。

ジェネリックはどうして安いのか

ジェネリックは先発医薬品と同じ有効成分を含んでいる薬の事です。
飲み方も同じで、効果の出方もほぼ同じです。
薬価は大体5分の1から10分の1程度となるので、医療費が気になる人にもお勧めの薬と言って良いでしょう。
どうして安くなるかと言うと、医薬品の研究開発費を殆ど必要としないからです。

ED改善薬のジェネリックを手に入れる為に

安くて魅力的ですが、現時点ではED改善薬のジェネリックは病院で処方してもらう事はできません。
しかし手に入れる方法が全くないかと言ったらそうではなく、自宅に居ながらにして手に入れる方法もあります。
それが海外医薬品の個人輸入です。
国内通販と同じ感じで手に入れる事ができ、さらにED改善薬のジェネリックの取り扱いもあります。
まずは100%正規品を扱っているサイトを利用して、上手にジェネリックを手に入れてみてはいかがでしょうか。

ED改善薬はジェネリックを活用しよう

ED改善薬の高いニーズ

世界初のED改善薬として1998年にアメリカでバイアグラが発売され、マスコミ等で話題を引き起こしました。
日本でも医薬品としての承認作業が急速に進み、1999年1月に製造が承認され、ED治療薬は日本でも社会現象を引き起こす結果となりました。
このED治療薬の高いニーズに応えるべく、その後多くの製薬会社が様々な種類のED治療薬を開発販売する結果となっています。

高価なED改善薬

新しいED治療薬の開発は、研究によって新しい薬理作用を発見するために莫大な投資が必要となってきます。
さらに他の医薬品と同様に様々な臨床試験なども必要になって来ますので、どうしても新薬の研究開発費が大きくなってしまいます。
その費用は薬価に反映されることになりますので、どうしても価格を高価にしなければならないという事情があります。
特に日本ではED改善薬の購入には健康保険が適用されませんので、新薬を正規のルートで購入しようとすると、高い費用を払わなくてはならない結果となっています。

安価なジェネリックを活用

そこで活用したいのがジェネリックです。
製薬会社は先行して販売されているED治療薬の特許を活用することで、研究開発費を抑えながら効果が期待できるED改善薬を開発できるという利点があります。
研究開発費を抑えることことによって販売価格を安価にすることができるので、消費者にとってジェネリックは大変ありがたい存在だと言えます。

ジェネリックの選び方

医薬品を取り扱っているインターネットの通販サイトなどを調べてみると、ED改善薬として様々な製薬会社からジェネリックが出ているのがわかると思います。
基本的な選び方は、元となっているED治療薬の効果や服用に関する注意点を把握して行くことがポイントとなってきます。
元の新薬が自分にあっているものなのかを調べてから、その効能を安価に実現するためにジェネリックを探すという方法が一般的です。
そのためには一度専門医に見てもらい処方箋を書いてもらうというのも有効な手段です。
購入したいものが決まったら、信頼できるサイトで安価で購入する事がお薦めです。

ED改善薬とジェネリック医薬品が変えた事

若い人と中高年の勃起不全理由

最近、30代くらいの若い男性も勃起不全に悩まされる人が多くなりました。
会社が能力主義を採用し、成績を残さなければ給料や待遇にダイレクトに反映されるようになったために、心身ともに強いストレスを日常的に感じることが若い世代の勃起不全の、もっとも大きな要因とされています。
また、中高年の場合は加齢による精力減退が主たる原因と考えられ、一口に勃起不全と言ってもその理由や原因はさまざまです。

改善薬の登場

こうした勃起不全の救世主として世界中から注目を浴びて登場したのが、ED改善薬です。
代表選手はED改善薬を総称することとなったバイアグラですが、その他にもたくさんの種類の薬が登場しています。
それぞれに効き方や特徴、人によって合う、合わないがあるため、誰もがバイアグラで悩みを解決できるわけではないことが、さまざまな薬の開発と発売につながっていったのでしょう。

高い薬の難点

そんなED改善薬は、特殊な薬であることから、1錠あたりの単価が非常に高いという難点がありました。
これが大きな難題として立ちはだかっていたため、医療機関での処方がなかなか普及せず、個人代行の並行輸入などで手に入れ、よくわからないままに飲んでしまう人も多く、体調を崩す人が出たのも話題になりました。
その後、10年の時を経て、また新たなステージに入ったと言えます。

待ちに待った状況

それが、安価なジェネリック医薬品の登場です。
ED改善薬においても10年間の新薬の特許が切れたことにより、さまざまなジェネリック医薬品が出てきています。
それぞれの新薬と同じ成分を使っているにも関わらず、費用は半分以下から1/3以下など、まさに激安価格と言っていいほどに抑えることができるのです。
この薬価代の激減により、専門クリニックを訪れて処方してもらう人も多くなりジェネリックのED改善薬が果たす役割には、医師による処方という安全が加わりました。
これで多くの勃起不全に悩む男性諸君が、安心して薬を飲むことができ、確実に救われることでしょう。