バイアグラとシアリスを使い分ける

ED治療薬

ED治療薬、インターネットで外国から購入して大丈夫か?

インターネットの進歩で、買い物も世界中から好きなものを取り寄せることができる時代になりました。ED治療薬も世界中で製造されて、販売させています。人間の快楽の追求「SEX」は人類共通で、人種や肌の色には関係ありません。人類の興味の的ですからね。

ED治療薬に関する法律は各国で違います。国によって許可されている成分、使ってはいけない成分が違っています。外国製でも日本人向けに製造されていれば、一応安心できるのですが、そんな細かな心使いをしている外国のメーカーは少ないでしょう。

国別の製品を作れば、製造装置の管理、品質管理、製品管理などでコストアップとなり、肝心の「儲け」が少なくなります。そして、一番厄介なことは、日本では認められていない成分が使われていることなのです。

◆製造元が分からないED治療薬は避けた方が良い
ED治療薬の製造工程、いわゆる工場ですが、日本のメーカーは清潔な機械を使い、誰が見ても衛生的な工場で生産するというのが常識です。

しかし外国はどうでしょう、確かに近代的で衛生的な信頼できる工場で作っているメーカーもありますが、怪しげな工場(と言うより農家の一部屋)で、手作りで不衛生な状態で作っていると推測できる製品もあります。

製品化されボトルや綺麗な箱に入ってしまうと素人の目には、良し悪しの区別が全くつきません。(薬品製造のプロ、専門家なら製品を見れば、作られた工程を想像できます。錠剤の刻印の打ち方や、錠剤の均一性や色のバラツキなど)。

もっと厄介なのは、小規模工場では「麻薬」も同じ工程で作っているかもしれません。工場では製品を作る時「段取り替え」といって原材料を入れ替えるのですが、怪しげな工場ではそんな手間はかけなでしょう。麻薬が混入する危険性があります。

ED治療薬に「麻薬」の成分が混入していれば最悪です。ですから「いかがわしいサイト」からED治療薬を購入するのはとても危険なのです。

ED治療薬、ジェネリックは効果があるか?

ED治療薬には大きく分けて3種類、「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」。一番有名なバイアグラのジェネリック薬は「カベルタ」で、カベルタはインドの製薬会社が製造販売するED治療薬です。

◆化学式が同じだから、効果・副作用はほぼ同じ?
カベルタの効果と副作用はバイアグラのジェネリックですから、バイアグラとほぼ同じです。ジェネリックは正規品と化学式としてみれば、全く同じ薬品なのですが製造方法(製造に使う機械装置)や薬品の純度、不純物などが違います。

その為、副作用の強さも少し違うと思った方が良い。副作用としては、「顔のほてり」です。「血管の拡張」を目的として開発されている薬品なので、血液循環が良くなり「顔のほてり」がでるのは当然かもしれません。次に報告されているのが「頭痛」です。空腹時に頭痛がでやすいと言われています。鼻つまりや動悸、視覚異常なども報告されていますが、発生頻度はかなり低いです。

カベルタを使った人の評判は良い。「効き目が早い!」「勃起力が思った以上だ!」「久しぶりのSEXで妻が大喜び」「頭痛もあるがSEXを妨げるほどではなく大変満足」。しかし一方で使い方を間違えると、空腹時には効果が出るのたが「満腹時はダメだった」。使い方は大切なのですよ。

◆単価が安くて好評である
総合的に見ると、他のED治療薬よりも副作用は少ないようです。それと何といってもコストパフォーマンスが良いから安心して使っている人は意外に多い。人によっては1錠使わずに、1/2錠とか1/4錠に減らしも効果が出ているようだ。このような使い方をすれ、さらにコストパフォーマンスは良くなります。

ジェネリックは何と言っても単価が安いのはうれしい。ジェネリックだから当然と言えば当然なのですが。バイアグラの1/4くらいで購入できる。1/2錠や1/4錠で服用すればさらに安く済む。注意すべきはインターネット販売の「偽物」(噂によれば40~50%は偽物と言われています)で、購入する時は製薬会社の正規品や信頼できる個人輸入代行サイトから入手しましよう!

バイアグラ、その効果と副作用

人間は子孫を残す為に成人すると性行為をする。しかし生殖期間を過ぎると性行為ができなくなります。というよりもDNAの指令が、性行為をしなさいと言う指令が出なくなります。生殖は若い人の御役目なのでしょう。しかし人間は「性行為」の喜び、快感が忘れられません。生殖のためではなく男女の和合やスキンシップ、そして快楽の為の性行為をしたくなります。それはしごく当然の事なのですが、奈何せん、意欲はあっても身体がついてきません。そんな時、世話になるのがED治療薬「バイアグラ」です。

◆バイアグラの効果を解説
バイアグラは「心臓の薬」として開発されましたが、副作用として「勃起を促す」ことが分かりました。勃起のメカニズムは以下の通りです。脳で感じた性的刺激が神経伝達物質によって陰茎に伝わります。そうすると動脈の血流が活発になります。次に陰茎に流れ込んだ大量の血液は静脈側でせき止められます。そうすると最後に陰茎は大量の血液で充満し、勃起します。通常、勃起は性的刺激が無くなれば、もとに戻ります。

バイアグラには「血液せき止め効果」を持続させる働きがあります。そのようなメカニズムなので、「全く勃起しない人」にバイアグラの効果はありません。性行為の途中で中折れするとか、性的刺激により一度は勃起する人、そのような人には期待できるED治療薬です。飲み方にも一定の条件があります。バイアグラは性行為の前に空腹な状態で飲む事が大切です。飲んで1時間くらい待つと効果がでます。持続時間は4時間くらいです。

◆バイアグラの副作用
バイアグラは血流を改善しますので「顔のほてり」や「目の充血」があります。これは副作用と言うよりも「薬」の効果と言えます。その他の副作用としては頭痛や動悸、鼻つまりなどが報告されています。知っておくべきは、薬の副作用というものは個人差があることです。自分に合っているかは「試してみないと分からない」のです。心臓病や糖尿病の方、薬を多種多量飲んでいる人は、必ず医師の指導を受けて服用して下さい。

ED治療薬に副作用はあるの?

薬には副作用があり、食品には副作用はありません。ED治療薬は「薬」に分類されますから副作用はあるといえます。

ここでは薬である「ED治療薬」の副作用についてのべます。(副作用とは「望まない身体的な影響」のこと、薬は血液の循環により体全体に行き渡りますから、例えば心臓に効いてほしい効果が他の臓器「例えば目とか胃腸」にも出て、それが副作用と呼ばれます)

ですから副作用が出たということは、逆に言えば「薬が効いている証拠」ともいえます。しかしその副作用が「招かざる客であり、身体に大きな悪影響を引き起こす」ならば、副作用を極力抑えたいです。

◆知っておきたいED治療薬の副作用
「ED治療薬」は薬の有効成分が働き、強制的に「勃起を継続させる」という効果を出します。心臓病や高血圧、糖尿病などの持病をもっていたり、薬を何種類も常用している人は医師と相談して飲む事が絶対的な条件です。

薬(ED治療薬)の効果及び副作用には個人差がありますので自分に適したED治療薬を選ぶことが大切です。

◆「ED治療薬」の副作用
ED治療薬には大別して3種類ありますが、副作用は似通っています。効果が出始めると「目が充血」してきて、「顔」色が赤味を帯びてきます。これはED治療薬に血管拡張作用があるためであり「薬の効果がでてきた証拠」なのです。(これは副作用と言うよりもED治療薬としてあるべき(望むべき)作用と言うべきかもしれません)

その他には「頭痛、色覚の変化、動悸、鼻つまり」等が伴う事があります。これが本当の意味での「副作用」というべきです。

◆副作用の確かめ方
最終的には自分の体で試すしかありません。インターネットに書き込まれている副作用はメーカーの注意書きや実際に使った人の書き込みです。先ほど述べたように人体は不思議な物であり、個性があります。算数の様に「2×2=4」にはならないのです。

正しく副作用を確認する為にはやはり「自分の体に聞いて見る」ことでしょう。使用量をメーカー推奨量の1/2位に減らして試してみる事をおすすめします。