バイアグラとシアリスを使い分ける

ED治療薬

EDの特効薬・バイアグラの驚きの効果とは

20世紀末の大発明・バイアグラが男性を救う!
男性の精力低下やED/勃起不全は、昔から男性の最大の悩みとされてきました。その為に毛かい各地では天然の動植物から摂れた滋養強壮の栄養分を食べたり、煎じて飲んだり塗ったりして精力アップに苦心してきた長い歴史があります。日本書紀にもニンニクを精力剤として珍重していたという記録があります。中国の漢方も多くが精力アップ・滋養強壮効果を謳っていますが、それらの効果は遅効性で、根気よく継続しなければ十分に発揮されません。そこで20世紀最後の年に奇跡が起こりました。それはアメリカのファイザー社が開発した世界初のED治療薬・バイアグラです。アメリカではその1年前に市販が始まっていて、バイアグラを買いにアメリカまで飛んで行った男性も数知れません。その効果は絶大で、ED症状の方でも強制的に勃起させる威力を持っています。今ではEDクリニックを始めとした医療機関で処方されていますし、個人輸入の形であればネット通販からも購入できる様になっています。これによって、子作りのできなくなった夫婦やセックスレスで愛情が冷えてしまったカップルにも、改めて性生活をエンジョイする道筋を付けたと言えるでしょう。

バイアグラの効果の秘密は?
バイアグラの有効成分はシルデナフィルといって、成分的にはクエン酸の一種です。このシルデナフィルは、初めは狭心症の治療薬として開発されていました。それはシルデナフィルの血管拡張作用が心臓を取り巻く血管の活性化に有効であったからです。その仕組みは、この成分が血管を委縮させるPDE5(ホスホジエステラーゼ5)という成分の活性を抑制する効果をもっていて、結果として体中の血管すべてを拡張させる様に働きます。勃起とは陰茎海綿体の毛細血管をフルオープンにして、そこにたっぷりの血液を注ぎ込む事で達成します。正にバイアグラは強制的にペニスの血管すべてを拡張させ、否応なしに充血させてくれる特効薬です。ですからED治療でも、普段の精力低下にも効果を発揮してくれて、ここ一番で男性を助けてくれる有難い薬だと言えるでしょう。

本番中に萎える、そのような時にはED治療薬

男のプライドが傷つく時、それは性行為での「中折れ」です。いざ本番、これから挿入と言う時、目的が達成出来ないなんて死ぬほど嫌です。それから最初は元気よく勃起していても、挿入して暫くすると萎えてくる、最後まで性行為を継続できない。これは男として最もプライドが傷つく瞬間であり、パートナーに対しても「申し訳ない!ゴメンなさい」というしかありません

◆萎える(中折れ)の原因はどこにあるの?
勃起のメカニズム、それは性的な刺激で脳が興奮します。そうしますと神経伝達物質が陰径に興奮を伝達し、動脈から大量の血液が陰茎の海綿体に送り込まれます。海綿体が膨張し、その圧力が静脈を圧迫して流れ込んだ大量の血液をせき止めます。これが「勃起」なのです。萎える原因はいろいろあり、例えば性的刺激が弱い、神経伝達物質が分泌されない、血流が悪いため流れ込み量が少ない、せき止め力が弱くなり折角流れ込んだ血液が陰茎に留まらないなどです。

この一連のプロセスを元気にしてくれるのは「食事と運動」です。最初は習慣を変える事から始めたい。栄養バランスの良い食事、適度な運動が基本です。いまは炭水化物と脂質は充分過ぎるほど摂取していますが、大切な栄養素であるタンパク質、ビタミン、ミネラルは不足しています。

◆効果的なED治療薬、「いざ」と言う時にそなえましょう!
バイアグラのようなED治療薬は、飲むタイミングや持続時間に制限があり、副作用もありますが正しく使うと非常に効果的です。中折れがなく、最後まで性行為ができれば、パートナーを喜ばすことができます。女性は優しいので、何も言いませんが「満足できない」性行為は、積み重なると愛情や信頼関係を壊す原因になります。

男は自分の快楽も大事なのですが、それよりも女性を喜ばすことを優先に考えたいものです。ED治療薬があれば「いざ」と言うときに自信を持って性行為に及ぶことができます。男のプライドを保ちながら女性を喜ばす事、これは男にとって最高の喜びではないでしょうか。

勃起しても持続しない、その時はED治療薬です

勃起は性的な刺激により脳が作用し、神経伝達物質を陰茎におくります。次に血流が増えて動脈から血液が陰茎に送り込まれます。最後に陰茎の静脈が圧迫され、血液の流れをせき止めます。簡単に言うと陰茎の入口を開けて血液を流し込み、陰茎の出口を閉じて血液を溜める。これが「勃起」であり、陰茎は普段の長さや太さが数倍になり、信じられないほど大きくなります。

そうなると当然、陰茎の硬さは凄く硬くなり、女性器に挿入することが可能になります。このような絵に描いた勃起は若い頃にはごく自然に起こりますが、残念ながら加齢とともに勃起力も、勃起時間共に低下してきます。これはある程度は受け入れするほかないですが、願わくばいつまでも若い時のように勃起して女性を喜ばせたいと思うのは男の願いであり、またロマンなのです。ED治療薬は貴方のロマンを演出してくれます。

◆勃起力、持続時間は年齢とともに衰えるのか?
勃起力、勃起時間は加齢とともに衰えますが、衰え方には個人差があります。40歳でダメな人もいますが、60歳になっても週に2回程度セックスを楽しんでいる人もいます。皆様の周辺でも同じ事があるでしょう。セックスに強い人は、見た目が若いです。またタンパク質やビタミン、ミネラル豊富な質のいい食事をしています。そのように見える人も、密かにED治療薬のお世話になっている可能性は大きいです。

◆女性に悟られず、ED治療薬で勃起力と持続時間をアップ!
ED治療薬を飲んでセックスしていると女性には気付かれないことも大事です。男性の若さのバロメーターは「性的能力」だとは思いませんか?薬(ED治療薬)の助けを借りていると悟られると、なんだか男の値打ちが下がったような気分です。セックスパートナーが妻ならまだしも、恋人や友人なら、なおさら知られたくない秘密にしたいです。ED治療薬はそれが可能です。セックスパートナーに秘密にしておけますよ。

勃起しても硬くならない、そんな時はED治療薬で硬い陰茎に!

20~30歳代前半までは、勃起すると「もの凄く硬く」なります。陰茎の海綿体に想像を超える大量の血液が流れ込み、その状態が持続します。残念ながら40歳を過ぎると「硬さ」が少しずつ低下してきます。一応の挿入は出来ますが、硬くない陰茎では男として不満足です。やっぱり「硬い」ものを入れてやりたいです。女性もセックスの感度が下がってきて、女の喜びも半減します。口には出しませんが欲求不満なのです。硬い陰茎は男性の誇りであり、自慢ですから40歳を過ぎても、若い時の様な「硬さ」を取り戻したい、そう願うのは自然な感情です。

◆硬くならないのは加齢とストレスです
年齢を重ね、50歳を過ぎる「生殖の役割」は無くなります。生殖と言う意味では「硬くなる」必要はないのです。しかし男はいくつになっても「硬い」陰茎であれば良いとの願望があります。若い時の飽きないセックスの思い出、それが脳裏に刻まれていますので、あの時の快感は忘れられません。

最初は、自助努力をして「硬い」陰茎を再び取り戻しませんか。ストレス「ふにゃふにゃ」陰茎の犯人と言われています。40歳代は男の働き盛りであり、それが逆にストレスを溜め込むことになります。このストレスと言う内なる敵を、どのように処理してメンタルを健康に保つのかがキーポイントになります。気分転換を上手くできる人は「硬い」陰茎を取り戻す可能性が高いです。

◆ED治療薬、密かに使い始めましょう
40歳を過ぎて「硬い」陰茎にならないという兆候があれば、早くED治療薬を使いたいものです。それもパートナーに黙っていることが大切です。ED治療薬は持続時間や効果が現れる時間が製品毎に違います。自分のリズムに合ったED治療薬を試してみましょう。効果や持続時間などは体験しないと分かりません。それと注意事項が1つ、「偽物」を買わない事です。あるデーターによりますとインターネットサイトの約50%位は偽物だと言われています。

ED治療薬、高齢者が使っても大丈夫?

食欲と性欲は人間が生きていく限り付きまといます。性欲は人間として「種の保存」の為に与えられた自然の摂理です。生殖は若い人には必須ですが、中期高齢者(女性も男性も50歳以上)に生殖の為のセックスは不要です。しかし男女和合の為のセックスは、行った方が家庭円満、夫婦の人間関係が上手くいきます。

若い時のセックスで得られる快感は忘れられません。セックスは何歳になっても興味がありますよね。ただ高齢(60代は中期高齢と言い、70歳代前半以上を高齢とします)になると欲望はあっても、体が思うようになりません。しかしED治療薬の力を借りれば目的は達成できます。

◆自分を知りましょう!そしてED治療薬を正しく使う!
ED治療薬は健康な人にはそれ程悪影響はありませんが、心臓病や糖尿病などの持病を持っていたり何種類もの薬を常用している人は危険です。そこでまずは「自分」を知る事が大切になります。血管や心臓に異常はないか?糖尿病になってないか?いろんな種類の薬を常用してないか?チェックしてみましょう。

それと並行して基礎体力作りをやりましょう。高齢で負荷の高い運動はできませんから、体力を使わずにできる運動を習慣化したいですね。たとえば「早歩きをする」「階段を使う」「近場の移動で車に乗らない」「太極拳」「ストレッチ」くらいはできるでしょう!「勃起すること」だけでセックスはできません、最低限の基礎体力は必要です。

◆70歳でも良いセックスが可能です
そして、いよいよED治療薬の出番です。使うに当たって、おすすめは専門の医師に相談する事です。そして自分の体質に合ったED治療薬を探しましょう、試してみましょう。ED治療薬を効果的にするには「飲み方」が大切です。空腹時に飲まないといけないとか、セックスの前に服用するとか注意書きを守る事です。ED治療薬は個人個人、その効果や副作用が異なりますから、インターネットの情報が、そのまま貴方に当てはまるとは限りません。

ED治療薬、何歳から使いますか?

20代から30代の前半は精力絶倫で「勃起」は朝飯前という人も、30代半ばから勃起しなくなったり、途中で萎えてしまったり、性欲が減退したりと気の毒な人が増えてきました。社会環境の変化によるところが大きい。例えば食生活が変化して、ジャンクフードによる栄養不良、かつてはゆとりがあった職場も、国際戦略で人員が減少し長時間労働、ストレスたまる環境になっています。そういった社会環境の変化がEDを増やしているのではないでしょうか。

◆30歳代ならまずストレス解消、栄養バランスに気をつけよう!
この年代ならED治療薬の前に、努力する事がまだあります。栄養バランスの取れた食事とストレス解消です。「細胞」が元気になれば、自然に勃起するようになります。この努力をした後でEDが改善しないようであれば、ED治療薬を使ってみましょう。直ぐにED治療薬に頼らず、まずは自助努力も行ってみませんか?

◆40歳代を超えるとED治療薬の助けが必要になります
40歳代の前半はバランス良い食事、ストレス発散、栄養不足を補うサプリメントで切り抜けられるかもしれません。40歳代後半から50歳代は、ED治療薬の出番になります。この年齢になると個人差が大きくなります。50歳代前半でも精力絶倫派もいれば、勃起不全、精力減退派まで幅広いです。

ED治療薬は心臓病や糖尿病などの持病を持っている人や、何種類もの薬を日常的に飲んでいる人は医師に相談することが必須です。ED治療薬は何種類(大きく分けると3種類)かあり、その効果は使う人によってかなり異なります。薬理効果の情報収集は大切ですが、それを鵜呑みにせず、自分で使って効果を確かめることが大切です。

◆ED治療薬、偽物に注意しましょう
インターネットのいかがわしいサイトで販売しているED治療薬は偽物の確率が高く、ある統計をみると、40~50%は偽物であると言われています。購入する場合は医師や信頼できるところから購入しましょう。