バイアグラやシアリスとレビトラを使い分ける

ED治療薬

薬以外のEDの治療法にどんなものがあるか

EDの治療薬

現在、EDの治療をするには、いろいろな方法があります。
まず、手軽だといえるのは、バイアグラやレビトラなどの薬を使った療法でしょう。
これらは、病院で診察を受けて処方してもらえますが、インターネットでも買えたりします。
しかもバイアグラにはジェネリック薬があり、経済的な方法だともいえるでしょう。

心理・ホルモン療法

次に、心理療法があります。
これは、心因性の勃起不全の場合、効果が高い方法です。
いずれにしても、原因を検査してから行われます。
さらに、ホルモン療法があります。
この施術は、男性ホルモンの減少で勃起不全症状の出ている患者には有効ですが、身体には大きな影響が出るといわれます。
ですから、病院でしか行えなくて、医師の指示がなければなりません。

陰圧式勃起補助法

そして、陰圧式勃起補助器具を使う方法があります。
これは、薬を使って治せない人・効果の得られない人へ使われる方法です。
副作用がほとんどない・手軽に使用できる・何度でも使える方法ですが、陰茎へ圧力をかけるので弊害はあります。
それは、過剰な締め付けでの射精障害・壊死といったリスクがありますから、この点へは注意が要るのです。

海綿体注射療法・外科手術

それから、海綿体注射療法があります。
これは、勃起させる血管拡張剤を直に陰茎へ注射する方法で、5分くらいで効果が得られるのです。
その効果は、2時間ほど継続します。
それに、最後の手段ともいえる、外科手術で治す方法です。
血管の外科手術で、血流の足りない場合に行われます。
これは、血管が詰まってる場合も改善されますし、シリコンでできた支柱を埋め込むケースもあるのです。

以上のように、それぞれの人の症状で、一番いいとされる治療法が執られますが、もっとも一般的は方法はバイアグラ(ジェネリックも登場)などのED治療薬の入手でしょう。

プロペシアの副作用でED症状が生じる事もあります

知らなかったでは済まないプロペシアの副作用とは
AGA治療の現場では、必ずといって良い程に利用されるのがプロペシアです。それだけ効果が高い反面、男性には看過できない副作用の恐れもあります。それは勃起障害・ED症状被害です。日本では基本的に医師の処方による服用が義務付けられている薬品ですから、この副作用に関しても細心の注意が払われています。しかし個人輸入による利用者がたいへん多くなっている現在、副作用について知らなかったでは済まない代償となります。ですから、その点については詳しいチェックが必要でしょう。プロペシアの有効成分・フィナステリドが男性ホルモン・テストステロンに直接作用するために、性欲の減退や勃起機能低下の症状が確認されています。これら性機能障害の発症率は5%にも満たない数値ですが、男性にとっては大問題です。ハゲでしかも性機能がダメともなれば、そのショックは計り知れないものがあるでしょう。ただしプロペシアの服用を中止する事で、それらの症状も回復するのが一般的です。個人使用をしている方は注意深くチェックを掛けていく様におすすめします。万が一にも勃起力が落ちるとか、性欲が湧かない状態になれば、即専門のクリニックへと診察に行きましょう。さもないと最悪EDになってしまう危険もあり得ます。

女性にはもっと大きな副作用がでます
女性にとってプロペシアは超危険な劇薬となります。これは医学界では当たり前の知識ですが、プロペシアは妊婦には服用禁忌です。服用はおろか皮膚摂取からでも流産を含む胎児危険度が確認されている成分で、医学上の分類では、胎児危険度が最高ランクのXとされています。そこで個人使用の方は、くれぐれもプロペシアの錠剤を妻に触らせない様にしましょう。ましてやいたずらで飲んでしまわない様に、管理面でも注意が必要です。この点に関しては輸入代行サイトでは触れていないケースもあって、利用者が無知な状態でいる事があります。他にも副作用はありますが、それらを事前にチェックしてから利用するべきでしょう。

EDの特効薬・バイアグラの驚きの効果とは

20世紀末の大発明・バイアグラが男性を救う!
男性の精力低下やED/勃起不全は、昔から男性の最大の悩みとされてきました。その為に毛かい各地では天然の動植物から摂れた滋養強壮の栄養分を食べたり、煎じて飲んだり塗ったりして精力アップに苦心してきた長い歴史があります。日本書紀にもニンニクを精力剤として珍重していたという記録があります。中国の漢方も多くが精力アップ・滋養強壮効果を謳っていますが、それらの効果は遅効性で、根気よく継続しなければ十分に発揮されません。そこで20世紀最後の年に奇跡が起こりました。それはアメリカのファイザー社が開発した世界初のED治療薬・バイアグラです。アメリカではその1年前に市販が始まっていて、バイアグラを買いにアメリカまで飛んで行った男性も数知れません。その効果は絶大で、ED症状の方でも強制的に勃起させる威力を持っています。今ではEDクリニックを始めとした医療機関で処方されていますし、個人輸入の形であればネット通販からも購入できる様になっています。これによって、子作りのできなくなった夫婦やセックスレスで愛情が冷えてしまったカップルにも、改めて性生活をエンジョイする道筋を付けたと言えるでしょう。

バイアグラの効果の秘密は?
バイアグラの有効成分はシルデナフィルといって、成分的にはクエン酸の一種です。このシルデナフィルは、初めは狭心症の治療薬として開発されていました。それはシルデナフィルの血管拡張作用が心臓を取り巻く血管の活性化に有効であったからです。その仕組みは、この成分が血管を委縮させるPDE5(ホスホジエステラーゼ5)という成分の活性を抑制する効果をもっていて、結果として体中の血管すべてを拡張させる様に働きます。勃起とは陰茎海綿体の毛細血管をフルオープンにして、そこにたっぷりの血液を注ぎ込む事で達成します。正にバイアグラは強制的にペニスの血管すべてを拡張させ、否応なしに充血させてくれる特効薬です。ですからED治療でも、普段の精力低下にも効果を発揮してくれて、ここ一番で男性を助けてくれる有難い薬だと言えるでしょう。

本番中に萎える、そのような時にはED治療薬

男のプライドが傷つく時、それは性行為での「中折れ」です。いざ本番、これから挿入と言う時、目的が達成出来ないなんて死ぬほど嫌です。それから最初は元気よく勃起していても、挿入して暫くすると萎えてくる、最後まで性行為を継続できない。これは男として最もプライドが傷つく瞬間であり、パートナーに対しても「申し訳ない!ゴメンなさい」というしかありません

◆萎える(中折れ)の原因はどこにあるの?
勃起のメカニズム、それは性的な刺激で脳が興奮します。そうしますと神経伝達物質が陰径に興奮を伝達し、動脈から大量の血液が陰茎の海綿体に送り込まれます。海綿体が膨張し、その圧力が静脈を圧迫して流れ込んだ大量の血液をせき止めます。これが「勃起」なのです。萎える原因はいろいろあり、例えば性的刺激が弱い、神経伝達物質が分泌されない、血流が悪いため流れ込み量が少ない、せき止め力が弱くなり折角流れ込んだ血液が陰茎に留まらないなどです。

この一連のプロセスを元気にしてくれるのは「食事と運動」です。最初は習慣を変える事から始めたい。栄養バランスの良い食事、適度な運動が基本です。いまは炭水化物と脂質は充分過ぎるほど摂取していますが、大切な栄養素であるタンパク質、ビタミン、ミネラルは不足しています。

◆効果的なED治療薬、「いざ」と言う時にそなえましょう!
バイアグラのようなED治療薬は、飲むタイミングや持続時間に制限があり、副作用もありますが正しく使うと非常に効果的です。中折れがなく、最後まで性行為ができれば、パートナーを喜ばすことができます。女性は優しいので、何も言いませんが「満足できない」性行為は、積み重なると愛情や信頼関係を壊す原因になります。

男は自分の快楽も大事なのですが、それよりも女性を喜ばすことを優先に考えたいものです。ED治療薬があれば「いざ」と言うときに自信を持って性行為に及ぶことができます。男のプライドを保ちながら女性を喜ばす事、これは男にとって最高の喜びではないでしょうか。

勃起しても持続しない、その時はED治療薬です

勃起は性的な刺激により脳が作用し、神経伝達物質を陰茎におくります。次に血流が増えて動脈から血液が陰茎に送り込まれます。最後に陰茎の静脈が圧迫され、血液の流れをせき止めます。簡単に言うと陰茎の入口を開けて血液を流し込み、陰茎の出口を閉じて血液を溜める。これが「勃起」であり、陰茎は普段の長さや太さが数倍になり、信じられないほど大きくなります。

そうなると当然、陰茎の硬さは凄く硬くなり、女性器に挿入することが可能になります。このような絵に描いた勃起は若い頃にはごく自然に起こりますが、残念ながら加齢とともに勃起力も、勃起時間共に低下してきます。これはある程度は受け入れするほかないですが、願わくばいつまでも若い時のように勃起して女性を喜ばせたいと思うのは男の願いであり、またロマンなのです。ED治療薬は貴方のロマンを演出してくれます。

◆勃起力、持続時間は年齢とともに衰えるのか?
勃起力、勃起時間は加齢とともに衰えますが、衰え方には個人差があります。40歳でダメな人もいますが、60歳になっても週に2回程度セックスを楽しんでいる人もいます。皆様の周辺でも同じ事があるでしょう。セックスに強い人は、見た目が若いです。またタンパク質やビタミン、ミネラル豊富な質のいい食事をしています。そのように見える人も、密かにED治療薬のお世話になっている可能性は大きいです。

◆女性に悟られず、ED治療薬で勃起力と持続時間をアップ!
ED治療薬を飲んでセックスしていると女性には気付かれないことも大事です。男性の若さのバロメーターは「性的能力」だとは思いませんか?薬(ED治療薬)の助けを借りていると悟られると、なんだか男の値打ちが下がったような気分です。セックスパートナーが妻ならまだしも、恋人や友人なら、なおさら知られたくない秘密にしたいです。ED治療薬はそれが可能です。セックスパートナーに秘密にしておけますよ。