バイアグラとシアリスを使い分ける

バイアグラジェネリック

待ち望まれていたバイアグラのジェネリック

彗星の如く現れたバイアグラ

夜の生活を十分に満足の行く時間にする為には、栄養バランスの摂れた食生活・ウォーキングやジョギング等有酸素運動、あるいはストレスを解消する趣味を持つ等を継続・維持する必要があるでしょう。
しかし実際には様々な理由により、前述した様な事を行う事が困難である場合には、現実的な対処方法が分からず悩んでいる人達は、多いはずです。
そこで開発されたのがバイアグラという勃起不全治療薬で、一般的にはED治療薬と省略して示す事もあります。
この医薬品が日本国内で厚生労働省から認可が下り、発売された時には一大ムーブメントが起こり、特に関心の無い人にまで知られる様になり今や、絶対的な存在になりました。

バイアグラの特許期限の満了

しかし、バイアグラは薬価が非常に高いという問題がありました。
何しろ、ED治療を専門とするクリニックでは、1錠が税込みで50mg錠1錠が1500円程度で販売されていたからです。
しかし、転機が訪れました。
それはバイアグラの有効成分の期限の特許が、2014年5月13日に満了となった事です。
つまり日本国内で、バイアグラのジェネリック医薬品を開発出来る事を意味します。

ジェネリック医薬品とは

通常は新薬の開発には基礎研究やマウスを使った臨床実験、あるいは問題を抱えている人間に対して行われる治験等を行いますので、一つの医薬品を開発する為にはおよそ400億円の費用が掛かると言われています。
ジェネリック医薬品というのは後発医薬品とも言われ、研究開発に費やされた費用を掛ける事なく、医薬品を開発されるので、有効成分・効果・効能がほぼ同じ物が、オリジナルの医薬品よりも安価に製造及び販売が出来る事を意味しているのです。

日本にも現れたバイアグラのジェネリック医薬品

現在日本国内で発売されているバイアグラのジェネリック医薬品の一つは、既に2014年5月26日に発売され、その医薬品は水無しで飲める錠剤である事に加えて、レモン味と珈琲味が付けられるという工夫が凝らされています。
気になる価格ですが、現在ではED治療専門クリニックでは1錠1200円程度で購入出来る様です。
しかし、様々なメーカーから続々とジェネリック医薬品が発売されれば、良い意味での自由競争が起こり、更に安価に入手する事は期待出来るでしょう。

性生活を助けてくれるED改善薬

知名度と実力が非常に高いバイアグラ

男性女性を問わず、バイアグラという商品名はとても有名になりました。
今日ではED改善薬の代表的な商品として扱われていて、男性機能を支援する海外製医薬品を一括りにバイアグラと呼んでしまう方々も居るほどです。
知名度の高さもさる事ながら、注目すべき点はお薬の効き目になります。
色々な商品があるED改善薬の分野ですが、効用の強さ、効果が生じるスピードにおいて、バイアグラ系統を上回る製品は未だに現れていないのです。

健全なセックスを支えるED改善薬

セックスを開始する直前に1錠を体内に入れておけば、落ち着いて性行為をスタートさせる事が出来ます。
既に日本人ユーザーの間でも海外製のED改善薬は流行っていて、普段の性生活に取り入れられている夫婦やカップルも少なくありません。
勃起力が落ち込んだままでは、そもそもセックスを開始出来ませんし、仮に陰茎が立ったとしても、持続力が低いと途中で中折れや早漏等のリスクが頻発します。
ED改善薬は夫婦円満の重要ツールであり、昨今何かと話題のセックスレスを未然に防止出来る優れたアイテムなのです。

バイアグラ唯一の欠点、それはコストパフォーマンスの問題です

約60分から90程度でセックスの用意が調えられるバイアグラは、日常的な性生活は勿論のこと、即効性の良さから旅先や外出先でも活躍します。
ただ唯一の欠点として挙げられるのが、コスパの悪さです。
1錠あたりの出費が高く、一般男性のお財布にはなかなかの負担になります。
月々のお薬代が気になる方は、一度ジェネリック医薬品の服用を検討してみましょう。
せっかくED改善薬で楽しいセックスライフを実現しても、お薬代が途中で枯渇してしまっては、本末転倒です。

安いにもかかわらず、多くの利点を持つジェネリック医薬品

お買い得な価格帯にもかかわらずジェネリック医薬品は確かな実力を持っています。
バイアグラ系統には色々な後発医薬品が誕生していて、オリジナル薬と同じ即効性、同レベルの効用時間、高い安全性を兼ね備えています。
気になるEジェネリック医薬品の入手先ですが、主に海外製医薬品の輸入代行サービスと街の医療施設がありますので、自分にとって便利なルートを選択しましょう。
手軽さを重視される方はネット上の輸入代行サイトを、安全性を求めるユーザーは医療機関を選択すべきです。

処方と個人輸入

処方と個人輸入

バイアグラは日本では基本的にクリニックで処方を受けて購入しますが、保険は適用されないためコストが高いのがネックといえるのではないでしょうか。
なお、日本で厚生労働省が承認しているのは、25mgと50mg錠のみとなっています。
これに対して海外からの個人輸入サイトを利用すると、バイアグラの100mg錠を入手するルートがあり、値段も安いのが魅力です。

バイアグラのネット購入は慎重に

100mg錠の値段についてですが、日本での販売価格を考えれば、有効成分が50mgの倍として100mgの価格も3,000円~4,000円の相場が妥当なはずです。
ですが、インターネットの販売ルートでは1錠1,500円から2,000円程度で販売されています。
安くてお得という見方もできますが、実は怖いところがあります。
本当に安く手に入るならいいのですが、偽物である可能性も否めません。
信頼できるサイトを見つけるとともに、正規品であるか十分に確認する必要があります。

ジェネリックのほうが安心

ネット上で販売されている安いバイアグラを見ていると、それと並んでジェネリック薬品が目に留まることもあるかもしれません。
これについては、さらにお安く1錠あたり500円程度から販売されているのです。
ジェネリック医薬品は、最初に開発した製薬会社の特許が切れた後に成分や効果を同等にして作られるものです。
特許が切れたために安いのであって、偽物だから安いのではありません。
そのため、コストを抑えて買いたいなら、真偽のほどが怪しいバイアグラより、ジェネリックのほうが安心と考えることもできるでしょう。

飲みやすさや使いやすさなど種類も豊富

ジェネリックは安くても、成分や効果は同じになるよう作られています。
そのうえ、後発メーカー独自の工夫なども加えられているケースがあるのは注目ポイントといえるかもしれません。
たとえば、ゼリー状になっているものや、水無しで舌で溶かせて何処でも気軽に飲めるタイプもあります。
飲みやすさや使い勝手の良さが、先発薬より選れていることもあるのです。

ジェネリックの購入方法

ED治療薬でも特に人気

ED治療薬は飲むだけで男性の悩みを解消してくれることもあり、多くの人に愛用されています。
現在はさらに新しい薬も登場していますが最初に登場したバイアグラは特に知名度も高く、新しい薬が登場した今もこの薬を選ぶ人が多いものです。
食事の影響を受けやすいなどの欠点はあるもののしっかりとした勃起を得られることもあり、多くの人に選ばれている薬です。
薬局やドラッグストアで購入できる薬ではありませんが、医療機関にて処方してもらうことが可能です。

保険適用はされない

バイアグラは保険適用される薬ではありませんので、価格も1錠でも1500円前後は必要となります。
それゆえに性行為を自由に楽しもうとするとそれだけ多くの薬が必要となり、負担は大きくなってきます。
薬はあくまで一時的な効果ですので、性行為のたびに服用していかなくてはいけません。
薬はより安く購入できる方法もありますので、治療費の負担が気になる人はより安く購入できる方法も調べてみると良いでしょう。

ジェネリックにも注目しよう

ED治療薬は少し前までジェネリックは販売されていませんでしたが、バイアグラのジェネリックの国内での処方も始まっています。
バイアグラと比べて劇的に安いというわけではありませんが、同じ有効成分の薬がより低価格で購入できるようになりました。
少しでも費用を抑えたいという場合はそうした薬を選んでみるのも良いでしょう。
今後もさらに効した薬が増えてくることが予想されます。
同じ有効成分ですが、コーティング剤や製法には違いがありますので、やや使い勝手が違う場合もあります。

より安く購入するなら

より安くバイアグラのジェネリックを選びたいという場合は海外医薬品にも注目してみましょう。
こうした薬は医療機関に足を運ばずとも個人輸入ならインターネットを通じて購入することができます。
海外ではすでにジェネリック的な薬が多く販売されており、国内のジェネリックよりさらに低価格で販売されています。
種類も豊富で水で飲むだけではなく、溶かして飲むものや噛み砕いて飲むもの、ゼリータイプなども販売されています。

安心できるジェネリック

根強いバイアグラ人気

男性のED治療薬として華々しく登場したバイアグラですが、その期待できる効果の高さから瞬く間に広まって、様々な社会現象を引き起こしました。
現在でも勃起不全などに悩む男性から高い支持を獲得し続けていて、もはやED治療薬の代名詞として一般にもその名前が知れ渡っています。

費用がかかるバイアグラ

高い効果が期待できる反面、日本ではバイアグラは医師の処方箋が必要な薬となっています。
更に保険外診療であるため健康保険の適用を受けることが出来ず、日本で使用するには非常に高価な薬となってしまいました。
特に勃起不全治に関する問題は、一回治療すれば完治するというたぐいのものではありませんので、継続した服用を考えると費用が高額になってしまう傾向があります。

信頼のおけるジェネリック医薬品

そこで海外からバイアグラを個人輸入するというケースが増加したのですが、医師の指導が無く適切な処方がされないという問題点ばかりか、海外では怪しげな業者が粗悪なニセ薬を安価で流通させており、それらを服用してしまう危険性もありました。
そんな中、注目されているのがジェネリックです。
2014年にバイアグラの勃起不全治療薬としての特許が切れたことから、他のメーカーでも実績を積んできている同様の成分を利用したジェネリックの販売が開始されました。

ジェネリックの魅力

ジェネリック医薬品は、これまでに実績を積んできた医薬品の有効成分を引き継ぐ形ですから、その効果に信頼がおけるものになります。
さらに医薬品のコストの大きな部分を占める研究開発費が抑えられるので、消費者の立場からすると、薬を安価に手に入れることが出来るというメリットがあります。
高い効果が期待できる反面、価格が高くなってしまっていたバイアグラですが、消費者にとって、そのジェネリックが登場したということは非常に好ましいことだといえるでしょう。
また正規の薬自体が安価になったということは、安全性に疑問が残るようなニセ薬の流通で暴利を稼ぐというケースも、今後は減少していくことが期待できますので、その面でも消費者にとっては好ましいと言えるでしょう。