バイアグラとシアリスを使い分ける

ED治療薬、ジェネリックは効果があるか?

ED治療薬には大きく分けて3種類、「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」。一番有名なバイアグラのジェネリック薬は「カベルタ」で、カベルタはインドの製薬会社が製造販売するED治療薬です。

◆化学式が同じだから、効果・副作用はほぼ同じ?
カベルタの効果と副作用はバイアグラのジェネリックですから、バイアグラとほぼ同じです。ジェネリックは正規品と化学式としてみれば、全く同じ薬品なのですが製造方法(製造に使う機械装置)や薬品の純度、不純物などが違います。

その為、副作用の強さも少し違うと思った方が良い。副作用としては、「顔のほてり」です。「血管の拡張」を目的として開発されている薬品なので、血液循環が良くなり「顔のほてり」がでるのは当然かもしれません。次に報告されているのが「頭痛」です。空腹時に頭痛がでやすいと言われています。鼻つまりや動悸、視覚異常なども報告されていますが、発生頻度はかなり低いです。

カベルタを使った人の評判は良い。「効き目が早い!」「勃起力が思った以上だ!」「久しぶりのSEXで妻が大喜び」「頭痛もあるがSEXを妨げるほどではなく大変満足」。しかし一方で使い方を間違えると、空腹時には効果が出るのたが「満腹時はダメだった」。使い方は大切なのですよ。

◆単価が安くて好評である
総合的に見ると、他のED治療薬よりも副作用は少ないようです。それと何といってもコストパフォーマンスが良いから安心して使っている人は意外に多い。人によっては1錠使わずに、1/2錠とか1/4錠に減らしも効果が出ているようだ。このような使い方をすれ、さらにコストパフォーマンスは良くなります。

ジェネリックは何と言っても単価が安いのはうれしい。ジェネリックだから当然と言えば当然なのですが。バイアグラの1/4くらいで購入できる。1/2錠や1/4錠で服用すればさらに安く済む。注意すべきはインターネット販売の「偽物」(噂によれば40~50%は偽物と言われています)で、購入する時は製薬会社の正規品や信頼できる個人輸入代行サイトから入手しましよう!

コメントする