バイアグラとシアリスを使い分ける

タダラフィルと他の治療薬との違い

勃起障害や勃起不全を改善するために、ED治療薬を利用している人も多いと思います。
しかしED治療薬の種類も多いので、その選択に迷う方も少なくありません。
服用する時は、それぞれの違いを良く理解することが大切です。

・目的は同じです
ED治療薬として知られている薬の中にシアリスがあります。
シアリスは、バイアグラ、レビトラなどと同じ効果があるのです。
そして、このレビトラに含まれている成分がタダラフィルです。
シアリスには他の治療薬と違い、このタダラフィルを含んでいるのが大きな特徴といえます。
シアリスに含まれているこの成分の量によって、5mg、10mg、20mgの3種類に分類できます。
この中のどの薬を飲むのかは、専門医の判断によって決まります。
このようにシアリスには、他のED治療薬とは異なる成分が使用されています。
またその目的は同じであっても、効果の内容が少し異なります。
その点を、良く理解しておく必要があるのです。

・効果の持続時間
シアリスの有効成分であるタダラフィルには、勃起障害などのED改善に大きな効果を期待できます。
ED治療薬としては他にもバイアグラやレビトラなどがあり、バイアグラの有効成分はシナデルフィル、またレビトラの有効成分はバルデナフィルです。
それぞれの薬で実際に使用されている成分は違いますが、どれもが「PDE-5」と呼ばれる酵素に作用し、正常な勃起を促します。
しかし、それぞれ成分の構造が異なりますので、同じ効果があるといってもその過程に差異が出てきます。
これら成分の大きな違いとして、その効果時間を挙げることができます。
シアリスの有効成分であるタダラフィルは、体内への吸収時間がかかりますが、その分効果の持続時間が他の成分と比べて長いのです。
この点が大きな差異といえるでしょう。

タダラフィルはシアリスの有効成分として知られていますが、バイアグラ、レビトラの成分と比べて効果の過程が異なります。
バイアグラの有効成分シナデルフィル、レビトラの有効成分バルデナフィルよりも、効果の持続時間が長いのが特徴です。

最新情報を得たい方は、シアリスのジェネリックについてのサイトをご覧ください。

コメントする