バイアグラとシアリスを使い分ける

ED治療薬に副作用はあるの?

薬には副作用があり、食品には副作用はありません。ED治療薬は「薬」に分類されますから副作用はあるといえます。

ここでは薬である「ED治療薬」の副作用についてのべます。(副作用とは「望まない身体的な影響」のこと、薬は血液の循環により体全体に行き渡りますから、例えば心臓に効いてほしい効果が他の臓器「例えば目とか胃腸」にも出て、それが副作用と呼ばれます)

ですから副作用が出たということは、逆に言えば「薬が効いている証拠」ともいえます。しかしその副作用が「招かざる客であり、身体に大きな悪影響を引き起こす」ならば、副作用を極力抑えたいです。

◆知っておきたいED治療薬の副作用
「ED治療薬」は薬の有効成分が働き、強制的に「勃起を継続させる」という効果を出します。心臓病や高血圧、糖尿病などの持病をもっていたり、薬を何種類も常用している人は医師と相談して飲む事が絶対的な条件です。

薬(ED治療薬)の効果及び副作用には個人差がありますので自分に適したED治療薬を選ぶことが大切です。

◆「ED治療薬」の副作用
ED治療薬には大別して3種類ありますが、副作用は似通っています。効果が出始めると「目が充血」してきて、「顔」色が赤味を帯びてきます。これはED治療薬に血管拡張作用があるためであり「薬の効果がでてきた証拠」なのです。(これは副作用と言うよりもED治療薬としてあるべき(望むべき)作用と言うべきかもしれません)

その他には「頭痛、色覚の変化、動悸、鼻つまり」等が伴う事があります。これが本当の意味での「副作用」というべきです。

◆副作用の確かめ方
最終的には自分の体で試すしかありません。インターネットに書き込まれている副作用はメーカーの注意書きや実際に使った人の書き込みです。先ほど述べたように人体は不思議な物であり、個性があります。算数の様に「2×2=4」にはならないのです。

正しく副作用を確認する為にはやはり「自分の体に聞いて見る」ことでしょう。使用量をメーカー推奨量の1/2位に減らして試してみる事をおすすめします。

コメントする