バイアグラとシアリスを使い分ける

勃起しても硬くならない、そんな時はED治療薬で硬い陰茎に!

20~30歳代前半までは、勃起すると「もの凄く硬く」なります。陰茎の海綿体に想像を超える大量の血液が流れ込み、その状態が持続します。残念ながら40歳を過ぎると「硬さ」が少しずつ低下してきます。一応の挿入は出来ますが、硬くない陰茎では男として不満足です。やっぱり「硬い」ものを入れてやりたいです。女性もセックスの感度が下がってきて、女の喜びも半減します。口には出しませんが欲求不満なのです。硬い陰茎は男性の誇りであり、自慢ですから40歳を過ぎても、若い時の様な「硬さ」を取り戻したい、そう願うのは自然な感情です。

◆硬くならないのは加齢とストレスです
年齢を重ね、50歳を過ぎる「生殖の役割」は無くなります。生殖と言う意味では「硬くなる」必要はないのです。しかし男はいくつになっても「硬い」陰茎であれば良いとの願望があります。若い時の飽きないセックスの思い出、それが脳裏に刻まれていますので、あの時の快感は忘れられません。

最初は、自助努力をして「硬い」陰茎を再び取り戻しませんか。ストレス「ふにゃふにゃ」陰茎の犯人と言われています。40歳代は男の働き盛りであり、それが逆にストレスを溜め込むことになります。このストレスと言う内なる敵を、どのように処理してメンタルを健康に保つのかがキーポイントになります。気分転換を上手くできる人は「硬い」陰茎を取り戻す可能性が高いです。

◆ED治療薬、密かに使い始めましょう
40歳を過ぎて「硬い」陰茎にならないという兆候があれば、早くED治療薬を使いたいものです。それもパートナーに黙っていることが大切です。ED治療薬は持続時間や効果が現れる時間が製品毎に違います。自分のリズムに合ったED治療薬を試してみましょう。効果や持続時間などは体験しないと分かりません。それと注意事項が1つ、「偽物」を買わない事です。あるデーターによりますとインターネットサイトの約50%位は偽物だと言われています。

コメントする