バイアグラとシアリスを使い分ける

タダラフィルが作用する仕組み

ED治療薬は、その種類によって効果が変わります。
このED治療薬の中に、タダラフィルがあります。
この薬は効果の持続時間が長いことで知られていますが、実際はどのような作用があるのでしょうか。
その仕組みを紹介します。

・効果継続時間
ED治療薬として多くの方が利用している薬の中に、バイアグラやレビトラなどがあります。
これらバイアグラやレビトラは、その効果継続時間が4~6時間と、比較的短いのが特徴です。
そのため利用者の中には、ED治療薬の服用タイミングに注意を払ったり、効果継続時間を心配したりする人も少なくありません。
しかしタダラフィルは服用後、10mgの場合は20~24時間、また20mgの場合は30~36時間程度の効果を期待できます。
他のED薬とは異なり、性的刺激に対してのみ勃起機能の改善効果を期待できるのです。
また食事の影響もあまり受けませんので、実際に服用する時のタイミングや性行為を行う時間を心配する必要もありません。
このED薬を服用すれば、精神的なプレッシャーを感じることなく性行為を行えます。

・食事の影響について
タダラフィルは、食事の影響があまりないのが特徴です。
具体的には、どの程度の食事まで影響がないのでしょうか?
その仕組みを見てみると、メーカーの発表では800kcal程度の食事を挙げています。
800kcal程度の食事まで特に気にする必要はありませんが、この800kcalとはどの程度の食事なのか気になる人もいるでしょう。
具体的には以下の通りです。
すき家の牛丼の中盛675kcal、ケンタッキーオリジナルチキン237kcal、マクドナルド・ビックマック557kcal、カレーハウスCoCo壱番屋のポークカレー755kcal、銀だこのたこ焼ソース665kcalです。
つまり、以上のような食事であれば、特に気にする必要はありません。
しかしバイアグラやレビトラなどと同じように、タダラフィルも空腹時に服用した方が速効性を期待できます。

ED薬として知られているタダラフィルは、他の薬と異なり食事の影響を受けないのが特徴です。
そのような仕組みを理解することで、効率的に利用できます。
しかし即効性を求めるのであれば、やはり空腹時での服用がおすすめです。

コメントする