バイアグラやシアリスとレビトラを使い分ける

ED改善薬はジェネリックを活用しよう

ED改善薬の高いニーズ

世界初のED改善薬として1998年にアメリカでバイアグラが発売され、マスコミ等で話題を引き起こしました。
日本でも医薬品としての承認作業が急速に進み、1999年1月に製造が承認され、ED治療薬は日本でも社会現象を引き起こす結果となりました。
このED治療薬の高いニーズに応えるべく、その後多くの製薬会社が様々な種類のED治療薬を開発販売する結果となっています。

高価なED改善薬

新しいED治療薬の開発は、研究によって新しい薬理作用を発見するために莫大な投資が必要となってきます。
さらに他の医薬品と同様に様々な臨床試験なども必要になって来ますので、どうしても新薬の研究開発費が大きくなってしまいます。
その費用は薬価に反映されることになりますので、どうしても価格を高価にしなければならないという事情があります。
特に日本ではED改善薬の購入には健康保険が適用されませんので、新薬を正規のルートで購入しようとすると、高い費用を払わなくてはならない結果となっています。

安価なジェネリックを活用

そこで活用したいのがジェネリックです。
製薬会社は先行して販売されているED治療薬の特許を活用することで、研究開発費を抑えながら効果が期待できるED改善薬を開発できるという利点があります。
研究開発費を抑えることことによって販売価格を安価にすることができるので、消費者にとってジェネリックは大変ありがたい存在だと言えます。

ジェネリックの選び方

医薬品を取り扱っているインターネットの通販サイトなどを調べてみると、ED改善薬として様々な製薬会社からジェネリックが出ているのがわかると思います。
基本的な選び方は、元となっているED治療薬の効果や服用に関する注意点を把握して行くことがポイントとなってきます。
元の新薬が自分にあっているものなのかを調べてから、その効能を安価に実現するためにジェネリックを探すという方法が一般的です。
そのためには一度専門医に見てもらい処方箋を書いてもらうというのも有効な手段です。
購入したいものが決まったら、信頼できるサイトで安価で購入する事がお薦めです。

コメントを受け付けておりません。