バイアグラとシアリスを使い分ける

ED治療薬、インターネットで外国から購入して大丈夫か?

インターネットの進歩で、買い物も世界中から好きなものを取り寄せることができる時代になりました。ED治療薬も世界中で製造されて、販売させています。人間の快楽の追求「SEX」は人類共通で、人種や肌の色には関係ありません。人類の興味の的ですからね。

ED治療薬に関する法律は各国で違います。国によって許可されている成分、使ってはいけない成分が違っています。外国製でも日本人向けに製造されていれば、一応安心できるのですが、そんな細かな心使いをしている外国のメーカーは少ないでしょう。

国別の製品を作れば、製造装置の管理、品質管理、製品管理などでコストアップとなり、肝心の「儲け」が少なくなります。そして、一番厄介なことは、日本では認められていない成分が使われていることなのです。

◆製造元が分からないED治療薬は避けた方が良い
ED治療薬の製造工程、いわゆる工場ですが、日本のメーカーは清潔な機械を使い、誰が見ても衛生的な工場で生産するというのが常識です。

しかし外国はどうでしょう、確かに近代的で衛生的な信頼できる工場で作っているメーカーもありますが、怪しげな工場(と言うより農家の一部屋)で、手作りで不衛生な状態で作っていると推測できる製品もあります。

製品化されボトルや綺麗な箱に入ってしまうと素人の目には、良し悪しの区別が全くつきません。(薬品製造のプロ、専門家なら製品を見れば、作られた工程を想像できます。錠剤の刻印の打ち方や、錠剤の均一性や色のバラツキなど)。

もっと厄介なのは、小規模工場では「麻薬」も同じ工程で作っているかもしれません。工場では製品を作る時「段取り替え」といって原材料を入れ替えるのですが、怪しげな工場ではそんな手間はかけなでしょう。麻薬が混入する危険性があります。

ED治療薬に「麻薬」の成分が混入していれば最悪です。ですから「いかがわしいサイト」からED治療薬を購入するのはとても危険なのです。

コメントする