バイアグラとシアリスを使い分ける

タダラフィルと他の治療薬との違い

勃起障害や勃起不全を改善するために、ED治療薬を利用している人も多いと思います。
しかしED治療薬の種類も多いので、その選択に迷う方も少なくありません。
服用する時は、それぞれの違いを良く理解することが大切です。

・目的は同じです
ED治療薬として知られている薬の中にシアリスがあります。
シアリスは、バイアグラ、レビトラなどと同じ効果があるのです。
そして、このレビトラに含まれている成分がタダラフィルです。
シアリスには他の治療薬と違い、このタダラフィルを含んでいるのが大きな特徴といえます。
シアリスに含まれているこの成分の量によって、5mg、10mg、20mgの3種類に分類できます。
この中のどの薬を飲むのかは、専門医の判断によって決まります。
このようにシアリスには、他のED治療薬とは異なる成分が使用されています。
またその目的は同じであっても、効果の内容が少し異なります。
その点を、良く理解しておく必要があるのです。

・効果の持続時間
シアリスの有効成分であるタダラフィルには、勃起障害などのED改善に大きな効果を期待できます。
ED治療薬としては他にもバイアグラやレビトラなどがあり、バイアグラの有効成分はシナデルフィル、またレビトラの有効成分はバルデナフィルです。
それぞれの薬で実際に使用されている成分は違いますが、どれもが「PDE-5」と呼ばれる酵素に作用し、正常な勃起を促します。
しかし、それぞれ成分の構造が異なりますので、同じ効果があるといってもその過程に差異が出てきます。
これら成分の大きな違いとして、その効果時間を挙げることができます。
シアリスの有効成分であるタダラフィルは、体内への吸収時間がかかりますが、その分効果の持続時間が他の成分と比べて長いのです。
この点が大きな差異といえるでしょう。

タダラフィルはシアリスの有効成分として知られていますが、バイアグラ、レビトラの成分と比べて効果の過程が異なります。
バイアグラの有効成分シナデルフィル、レビトラの有効成分バルデナフィルよりも、効果の持続時間が長いのが特徴です。

最新情報を得たい方は、シアリスのジェネリックについてのサイトをご覧ください。

タダラフィルの注意点

ED薬の効果を期待するのであれば、その飲み方にも注意する必要があります。
正しい用法によって服用しないと、せっかくの効果も半減してしまいます。
ED治療薬としてタダラフィルを利用している方もいますが、ここでは治療薬の用法や注意点を紹介します。

・飲み方に注意してください
ED薬を飲む時は、その飲み方に気をつけてください。
タダラフィルを服用する際は1日に1回として、次の服用までは必ず24時間以上空けてください。
また専門医の指示を受けることなく、自分自身の判断で服用量を増加しないようにしましょう。
勝手に自分で判断すると、体に支障が出てくることもあります。
特に腎臓や肝臓に支障がある方は、医師の指示をしっかりと守ることが大切です。
また、このようなED治療薬の効果には個人差がありますので、なかなか効果が出ないからと慌てないでください。
タダラフィルの場合、実際に効果が出るまでの時間の幅が広いことを理解しておく必要があります。
注意点を守り、決められた量をきちんと服用すれば効果を期待できます。

・初回服用時について
タダラフィル治療薬を初めて使用する方は、どの程度服用すれば良いのか分からない方も多いと思います。
基本的には1日1回、1錠ですが、体の状態によっては半錠にする場合もあります。
初回はまず少量から始めて、徐々に量を増やすのがおすすめです。
また利用者の体調、心理状態などによって、初回服用時に効果が出ないこともあります。
そういう時は諦めないで、少し時間をおいて服用してみてください。
もし何回も続けて効果が出ない時は、専門医に相談しましょう。
服用する時は、まず自分の体調をしっかりと把握することが大切です。
体調が悪い時は服用を中止して、様子を見てください。

タダラフィルを服用する時は、その用法に注意しましょう。
正しい飲み方、注意点がありますので、それに従って服用しなければいけません。
また体調が悪い時は服用を中止して、様子を見ることも大切です。
なかなか効果が出なかったり、体調が悪くなったりした時は早急に専門医に相談してください。

ED治療だけでないタダラフィルの効果とは?

男性器回復のため、ED治療薬の役割も大きなものになっています。
最近は様々なED治療薬が出ていますので、利用者の選択肢も広がってきました。
ED治療薬の中にタダラフィルがありますが、この薬はED治療以外の効果も期待できます。

・前立腺肥大
ED治療薬として知られているタダラフィルですが、ED治療以外の効果も期待されています。
その中の1つが前立腺肥大の治療です。
この病気はその字の通り、加齢が原因で前立腺が肥大し、尿道が圧迫されることで頻尿や排尿障害が起こる病気です。
前立腺肥大は発症すると痛みを伴いますので、早急に治療を行う必要があります。
治療は専門クリニックで行うのが普通ですが、タダラフィルの服用でも治療ができます。
この薬を服用すれば、前立腺の平滑筋を弛緩してくれます。
前立腺の平滑筋が弛緩すれば尿道の圧迫が解消され、排尿障害の改善効果が期待できるのです。
実は、タダラフィルを含んだ前立腺肥大の治療薬は、実際に処方されています。
こちらの治療薬は保険適用になりますので、金額的にも安く購入できます。
しかし処方には医師の診断が必要で、ED治療薬と同程度の量は含まれていません。
実際に治療を行う際は、専門医と相談して行うことになります。

・突然死の予防
タダラフィルには、突然死を予防する効果もあります。
海外で血管疾患の治療にED治療薬を使用した結果、突然死などの心臓疾患の発症率が低下したという報告もあります。
このようにED治療薬を定期的に服用することで、血管の活性化を期待できます。
血行が良くなると体も元気になり、突然死の予防になります。
血管疾患でお悩みの方は、一度ED治療薬を試してみるのも良いかもしれません。
予期せぬ副効果が出る可能性があります。

ED治療薬は、男性の勃起不全、勃起障害以外にも様々な効用を期待できます。
前立腺肥大、突然死など、ED以外の病気にも対応できるというのです。
もちろん個人差がありますので、まずは専門医と良く相談して決めることが大切です。

タダラフィルを女性が飲んだらどうなる?

男性器の活性化のために利用されているのが、ED治療薬です。
このED治療薬には様々な種類がありますが、その中で人気のあるのがタダラフィルです。
タダラフィルはシアリスなど、多くのED治療薬の成分として知られています。
このED治療薬は本来男性専用の薬ですが、女性が飲んだらどうなるのでしょうか?

・男性専用の治療薬
シアリスなどED治療薬の成分として知られているタダラフィルですが、これら治療薬の利用用途は男性の勃起改善が目的です。
このことからも分かるように、タダラフィルは男性のために開発された勃起改善の専門薬といえます。
そのため、男性が使用することが前提となっています。
しかし、実際に服用して効果を実感できた方の中には、男性ではなく女性に飲ませたらどうなるのか、興味を持つ人もいるようです。
男性がED治療薬を服用すると、実際にムラムラして勃起効果を得られますので、女の人もそのような気持ちになるのもしれません。
男性の、その気持ちも分かります。
しかしED治療薬はあくまでも男性専用に製造された薬ですので、女性に飲ませても媚薬効果は期待できません。
しかしシアリスには血管拡張、血行促進効果がありますので、女性が飲んでも同じように血液循環が良くなることはあります。
女性には男性器がありませんので勃起状態は確認できませんが、女性器の神経が過敏になる可能性はあります。

・効果がある人もいるようです
女性がED治療薬を飲むことにより女性器の神経が敏感になる可能性はありますが、医学的、心理学的な証明がありませんので確実なことはいえません。
しかし、タダラフィルを飲むことで全身の血流が活性化されますので、女性の中には性的な部分に効果がある方もいるようです。
ある調査では、50人の被験者にED治療薬を試してもらったところ、女性器が濡れやすくなったと回答していた人が複数いたことが分かっています。
少なからず、女性にも効果があるようです。

ED治療薬は男性専用の薬としての認識がありましたが、女性の中にも効果がある人もいるようです。
当然個人差がありますので何ともいえませんが、一度試してみるのも良いかもしれません。

タダラフィルはジェネリックでも大丈夫?

最近はテレビなどで、ジェネリック医薬品のCMを良く見かけるようになりました。
この医薬品は他の医薬品と比べて安いのが魅力ですが、その安全性が気になる人もいます。
ED治療薬の中にもこの製品がありますが、タダラフィルのジェネリック品でも大丈夫でしょうか?

・安全性について
ジェネリック医薬品は良く宣伝されるようになりましたが、気になるのがその安全性です。
この医薬品は、先発医薬品と比べて有効成分や効果が同じです。
このように先発の医薬品と内容は変わりませんので、安全面については特に気にすることはありません。
医薬品というのは薬事法によって規制されており、それはジェネリックの医薬品、ED薬についても同じです。
先発の医薬品、ED医薬品と同じ規制によって、開発、製造、販売が行われています。
そのため、品質などについては特に変わりがないといわれています。
ED治療薬として有名なタダラフィルについても、また同じです。
先発のED治療薬でも、後発の治療薬でもその成分、効用は変わりませんので安心して利用できます。

・問題点もあります
インターネットで検索すると様々な医薬品が出てきますが、その時先発医薬品、後発医薬品それぞれが表示されます。
それぞれ詳細が記載されていますので、一度確認してみると良いでしょう。
この後発医薬品の大きなメリットは、前述のように価格にあります。
患者さんの経済的負担の軽減に、大きな効果をもたらしてくれます。
しかし、後発医薬品には問題点もあります。
後発医薬品の製薬会社の中には、製造、販売を安易に中止したり納品時間を要したりと、緊急時に対応できない場合も少なくありません。
また後発医薬品は、臨床試験や市販後の調査を行っていませんので、その実態がつかめないのが現状です。
そのため今後は、これら後発医薬品の市場調査などが求められます。

タダラフィルのジェネリック品を希望している方も多いのではないでしょうか。
このようなタダラフィルの後発医薬品も、先発医薬品と同様その効果については問題ありません。
しかし今後は市場調査など、その実態把握が大きな課題といえます。

タダラフィルが含まれている治療薬には何がある?

タダラフィルはED治療薬として有名ですが、この成分を含んだ薬があります。
その中でも人気のあるのがシアリスですが、現在多くの方がEDを改善するために利用しています。
その他にも、アドシルカやメガリスなどの治療薬があります。

・シアリスの有効成分について
ED治療薬として人気のあるシアリスですが、その有効成分は「タダラフィル」です。
この成分がどの程度含まれているのかにより、その名称が変わります。
シアリスには「5mg」、「10mg」、「20mg」の錠剤があり、利用用途に応じて服用します。
このシアリスの主成分となっているタダラフィルは、見ためは白色の粉末です。
また水に溶けないのが特徴です。
シアリスを服用した後、血中濃度が最高度に到達する時間はだいたい30分~4時間程度であり、人によって違いがあります。
ED治療薬として有名なバイアグラの時間は30分~1時間半程度、またレビトラでは40~60分程度で濃度が最高度に達します。
このようにシアリスは30分~4時間と到達時間が長いので、服用のタイミングを心配する人も少なくありません。
シアリスは到達時間が長い分、持続力も長いので、通常は性行為のおよそ3時間前の服用が無難です。

・アドシルカ、メガリスについて
タダラフィルが主成分となった薬として他にアドシルカ、メガリスがあります。
アドシルカは厚生労働省で認可され、2009年12月より販売が開始されました。
アドシルカの場合は、成人であれば1日1回40mgを服用するのが一般的です。
そしてメガリスですが、メガリスの外箱には「20mg」という表記があります。
これは、主成分が20mg含まれていることを示します。
このようなEDの治療薬を使用することで勃起不全、勃起障害の改善効果を期待できます。

タダラフィルが含まれている薬には様々なものがありますが「勃起不全」を始め、「肺動脈性肺高血圧症」や「前立腺肥大症」などに効果があります。
現在勃起不全、勃起障害などの悩みがある方は、一度試してみるのも良いかもしれません。